ニュース
» 2005年06月01日 11時49分 UPDATE

ドコモ、「フルブラウザ」を商標登録出願

フルブラウザという単語が、ドコモにより商標登録出願されたことが分かった。認められれば、ほかの企業が“フルブラウザ”という言葉を自由に使えなくなる。

[ITmedia]

 NTTドコモが、「フルブラウザ」という単語を商標登録出願していることが分かった。3月22日付けで出願している。現在は審査が行われている段階。

 特許電子図書館の「商標公報DB」で、文献番号「2005-24770」として公開されている(文献種別は4)。「ドコモとして、フルブラウザという名称を使う意志があるということ。具体的なサービス名や製品名などは答えられない」(ドコモ広報部)

 携帯向けフルブラウザでは、ドコモ以外にもKDDIやウィルコムが対応製品をリリースしている。仮に商標登録が認められたとすると、これらのライバル企業は“フルブラウザ”という名称を自由に使えなくなる。

 商標をめぐっては、過去にNTTコミュニケーションズが「ホットスポット」を商標登録。同業他社がサービスを「公衆無線LANサービス」と表現せざるを得なくなったことがあった。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.