ニュース
» 2005年06月10日 20時11分 UPDATE

ドコモ、W-CDMAの相互接続認証団体に登録

ドコモは、GSMやW-CDMAの国際的な相互接続認証団体であるGlobal Certification Forum(GCF)に登録された。GCF登録された端末との、基本的な接続性が確認された。

[斎藤健二,ITmedia]

 NTTドコモは、GSMやW-CDMAの国際的な相互接続認証団体であるGlobal Certification Forum(GCF)に6月8日に登録されたと発表した。W-CDMAオペレータとしてドコモの国際的認知度アップや、ドコモ向け端末を供給するメーカーのコスト削減などの効果が見込める。

グローバルに相互接続性試験を行うGCF

 GCFは、端末とネットワークの相互接続試験の仕様と認証を策定している国際機関。GCFの主要メンバーであるノキアによると、「各国ごとではなく、グローバルに相互接続性を取っていこう」という趣旨で設立された。

 GSMを含め146のオペレータが参加しており、端末メーカーも主要なメーカーが名を連ねている。日本ではボーダフォンは入っておらず、ドコモが初めて。

 もともとヨーロッパの団体として設立され、GSM方式のネットワークと端末を中心に相互接続試験の認証を行ってきた。法的な縛りはなく任意ではあるが、「GSMに関しては重視しており、多くの端末が認証を取っている」(ノキア)状況にある。

 ドコモは「W-CDMAでも同様のスキームが定着する」と考えている。

 相互接続性試験は端末試験の重要な要素となるが、国際的な利用が進むと、各オペレータごとに試験が必要になるなど負担が増大する。GCF登録を済ませている端末とネットワークであれば、基本的な接続が確認されていることになる。

 例えばNokiaは「6630」で、世界で初めてW-CDMAのGCF登録を済ませている。ドコモのネットワークがGCF登録を済ませたことで、「ローミングインも基本的にはできることになる」(ドコモ広報部)。

キャリアと端末メーカーのメリット

 個別に試験を行わなくても、基本的な接続が確認されているため、通信キャリア側にも端末メーカー側にもメリットが出てくる。

 例えば端末をGCF登録するためには、GFC登録されたネットワーク5つとフィールドテストしなくてはならない。ドコモのW-CDMAネットワークがGCF登録されたことで、国内メーカーがGCF登録をしようと思ったとき、「テストの1つは国内でできる」(ドコモ)。

 またドコモ側も海外のGCF登録された端末を調達しやすくなる。

 まずネットワークをGCF登録したドコモだが、端末のGCF登録はこれからだ。現段階では、国際ローミング端末である「N901iG」「M1000」もGCF登録はしていない。「今後、国際対応の端末ではGCFの認証を取る予定」だとドコモは話した。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.