ニュース
» 2005年06月13日 13時40分 UPDATE

Nokia Connection 2005:Nokia、マス狙いの「マルチメディア端末群」公開

Nokiaはシンガポールで、マスマーケット向けのマルチメディア端末7機種を公開。スライド型のW-CDMA端末などを披露した。

[杉浦正武,ITmedia]

 Nokiaはシンガポールで開催中の「Nokia Connection 2005」会場で、マルチメディア対応の新機種を含む7機種を一挙公開した。発表されたのは、「Nokia 6280」「6270」「6265」「6111」「6060」「2255」「2125」。

no1.jpg
開会のあいさつを述べるNokiaアジアパシフィック上席副社長のウルポ・カルヤライネン氏

 Nokiaではマルチメディア対応のハイエンド端末群として「Nseries」を発表しているが、今回発表された端末はこれとは路線を異にする「マスターゲットの機種」と位置づけられる。

 「エントリーレベルの端末とミドルレンジモデル、それに新しい3G(=6280)の7機種だ」(Nokia)

no2.jpg  

Nokia 6280、6270詳細記事


H.264対応端末やデザイン重視端末などが登場

 会場では、実際に発表された端末の実機をさわることができた。

 Nokia 6265は、6280や6270とよく似た外見のCDMA 1X端末。2メガカメラを搭載しており、ミュージックプレイヤー機能とminiSDスロットを備える点も同じだ。

Photo

 会場では、6265の動画再生機能にフォーカスをあてた展示が行われていた。6265は、動画再生用のコーデックとしてH.264に対応したという特徴を持つ。「Nokiaとして初めてH.264に対応したモバイル端末の1つ」(説明員)。毎秒15フレームで、なめらかなビデオストリーミング再生が可能になっている。

Photo Nokia6111は、6280、6270、6265とは少し異なったデザインのGSM端末。84×47×23ミリと、全体にまるっこくて小型だ。1メガカメラを搭載する

 Nokia 6060は、デザインにこだわったGSM端末。光沢のある外観をしており、MMSやMP3の着信メロディに対応する。価格は「150ユーロ以下と安くなる見込み」(説明員)。なお、今回発表された7機種のうち6060と2125は2005年第3四半期投入と、リリース時期が早い。ほかは第4四半期に登場する見込みだ。

Photo 着信などがあると、背面液晶が赤く光る。「着信したのか、メール受信したのか分からないが、“何かが起こった”と知らせるという仕組み」
Photo こちらは2255。128×128ピクセルのカラー液晶を搭載したエントリーモデルだ。端末下部がホタルのように光る(Flashlight)機能を備える
Photo 2125。手にしっくりなじむ、アンテナなしのストレート型を採用した。キーを押すと端末全体がぼんやり光る
Photo

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.