ニュース
» 2005年06月13日 16時59分 UPDATE

ボーダフォン3Gの「902T」、新規は1万円台半ば

世界標準ながら、2GライクなUIの東芝製3G端末「902T」が店頭に並んだ。新規の価格は1万円代半ば。

[後藤祥子,ITmedia]

 W-CDMA/GSMのデュアルネットワーク対応で、世界標準モデルながら、随所に2GのUIを取り入れた、ボーダフォン3G端末「902T」(6月9日の記事参照)が、全国で店頭に並んだ。都内では、グロッシーレッドのみが先行して発売されている。ある都内量販店の新規価格は1万5540円(ITmedia調べ)。

sa_t.jpg
 ボーダフォン3Gの東芝製端末「902T」。Bluetooth機能も備える

 902Tは、世界共通モデル(2004年9月の記事参照)としては2世代目に当たるボーダフォン3G端末。メニュー画面やメール、カメラなどのUIに、日本の2Gライクな操作性を取り入れており、2Gから乗り換えても違和感のない操作性を目指した。世界共通モデルでは省かれていた「メニュー」-「0」で自分のメールアドレスや電話番号が表示される仕様も取り込んでいる。

 ボディ形状は回転2軸。このスタイルでは珍しくカラー背面液晶を装備。底面のカメラ部付近にはマイクが搭載され、ムービー撮影時に被写体側の音を拾いやすくしている。

 ほかの世界共通モデルの価格を見てみると、「902SH」が1万5540円、「802SH」が8190円、「702sMO」が2940円、「702MO」が5040円。「702NK」と「802N」は、1円で販売されていた。

機種名 Vodafone 902T
サイズ(幅×高さ×厚み) 50×111×25ミリ
重さ 148グラム
連続通話時間 180分(W-CDMA)、320分(GSM)
連続待受時間 360時間(W-CDMA)、270時間(GSM)
アウトカメラ 192万画素νMaicovicon(オートフォーカス対応)
サブカメラ 31万画素CMOS
外部メモリ SDカード(非同梱)
メインディスプレイ 2.4インチ26万色TFT液晶・QVGA
サブディスプレイ 1.1インチ6万5000色TFCC液晶・112×112ピクセル
カラー グロッシーレッド、パープリッシュシルバー、マットブラック


新機種はいつ発売?と思ったら→「携帯データBOX」
  • 各キャリアの「新機種発売日情報」
  • 未発表の端末情報をお届けする「JATE通過情報」
  • 新機種の売れ筋が分かる「携帯販売ランキング」

携帯データBOXそのほか、各端末情報が一望できる“機種別記事一覧”が新登場〜いますぐパワーアップした携帯データBOXをチェック!
携帯データBOXは、ITmediaモバイルトップページのメニューバー右側からもアクセスできます。


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.