連載
» 2005年06月22日 23時12分 UPDATE

長期ロードテスト「D901iS」 No.8:“あの容量”のminiSDカードが使えた!

読者からの質問で多いのが、「miniSDカード、何Mバイトのものまで使えるの?」というもの。さっそく試してみました。

[後藤祥子,ITmedia]
sa_taratg.jpg
たらキューと鳥獣戯画のカエルを闘わせてみました。鳥獣戯画ストラップはKIRINの「茶来」のオマケ

 コンビニにお茶を買いに行ったら、キラキラ光るストラップがオマケに付いているものを発見しました。近寄ってみると、なんと「鳥獣戯画」のストラップ。退屈な教科書の中で異彩をはなっていた、このコミカルな図版を覚えている方も多いことでしょう。

 ウサギとカエルがどうしても欲しくて、つい2本買ってしまいました。メーカーの思うつぼですね。こうしたオマケと一緒に、写真用フレームもダウンロードできるようにしてくれるとうれしいと思うのは私だけでしょうか。鳥獣戯画のカエルや、たらこキユーピーの顔の部分に、自分の写真を入れてみたい! なんて思ったりしてます。

読者からの質問への回答コーナー

 なんと、読者のみなさまから寄せられた質問が、50通を超えました。レビューなどでは見過ごしてしまうようなポイントを書いてきてくれる方も多く、大変ありがたく思っています。

 中には検証や裏とりに時間がかかる質問もあり、回答するのが遅れることもあるかと思いますが、可能な限り回答する予定ですので、気長にお待ちください。

 質問の中でも多く寄せられているのが、「miniSDカード、何Mバイトのものまで使えるの?」というもの。iTunesでエンコードした音楽を聴くことができ(2004年7月の記事参照)、400万画素の写真も保存できるようにもなったので、気になる方が多いのでしょう。ちなみにD901iSの取扱説明書には、対応は128Mバイトまでと記載されています。

 Transcend製の512Mバイトメモリを買ってきて(値段は、ある家電ショップで5980円)、差し込んでみると──。あっさり認識してしまいました。

 写真をコピーしたり、AACエンコードの音楽を入れたりして使ってみましたが、今のところ特に問題なく使えています。

sa_rtd.jpg
 この大容量をどう使うか──考えただけでもウキウキしますね

 ただ使えるといっても、512MバイトのminiSDカードの利用はメーカーの保証外。自己責任で使うことになるのには注意が必要です。

 【予告】長期ロードテストでは、近日中に「N901iS」(担当:杉浦記者)、「W31T」(担当:斎藤記者)、「M1000」(担当:テスト開始日のお楽しみ)を予定しています。こちらの端末についての質問事項も募集中。みなさんのご質問をお待ちしています。
前 長期ロードテスト「D901iS」 次
長期ロードテストとは

 ITmedia記者が、普段使いの携帯電話の模様をレポートする長期連載記事です。1人のユーザーとして、端末やコンテンツをレポートします。この端末の「○○を調べてほしい」「この点をメーカーに聞いてほしい」といった要望を、ぜひお寄せください。ロードテストの中で、できる限り調査し回答していきます。

読者のニーズが機種を決定

 なお、本ロードテストで使用する携帯機種は、読者の皆様のニーズに基づいて決定します。記事へのアクセス数の増減を目安とし、随時機種を変更していく予定です。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.