ニュース
» 2005年06月24日 01時00分 UPDATE

901iSで広がったFOMAの“プラスエリア”

800MHz帯を使ったFOMAの新エリア「FOMA プラスエリア」のサービスマップが公開されている。901iSシリーズ以降の端末でのみ、利用が可能になっている。

[斎藤健二,ITmedia]

 NTTドコモは各社のWebページ上で、「FOMAプラスエリア」のサービスマップを公開している。プラスエリアは800MHz帯を使ったFOMAのサービスエリア。「901iS」シリーズから対応が始まっている。

地区 サービスマップ
関東・甲信越 http://www.nttdocomo.co.jp/p_s/area/search/foma/home.html
東海 http://www.docomo-tokai.co.jp/pc/services/foma/area_frame.html
北陸 http://www.docomo-hokuriku.co.jp/service/s_foma/areaf/areaf.html
関西 http://area.docomo-kansai.co.jp/select.asp?area=1
中国 http://www.docomo-chugoku.co.jp/v/p_s/area/foma/body.html
四国 http://www.docomo-shikoku.co.jp/ja/support/area_map/foma.html
九州 http://www.docomokyusyu.co.jp/guide/areamap/foma_plan.html
東北 http://www.docomo-tohoku.co.jp/main/foma/area/index.html
北海道 http://www2.nttdocomo-h.co.jp/areamap/foma/index.html

 従来のFOMAが2GHz帯のみを使っていたのに対し、ドコモは800MHz帯もFOMAサービスで利用を始めている。901iSシリーズからは、2GHz帯と800MHz帯の両方が利用できるデュアルバンド端末となっている。

 プラスエリアは「山間部のエリア拡大が中心」とされており(5月17日の記事参照)、例えば関東では奥多摩や秩父の奥、富士山近辺などがエリアとなっている。都市部では既に2GHz帯によるカバーが進んでおり、プラスエリアによる拡大の恩恵を受けるのは地方が中心となる。

 なお、2GHz帯によるエリアも、800MHz帯を使ったプラスエリアも「サービス内容に差はない」とされている。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.