ニュース
» 2005年06月24日 02時03分 UPDATE

エルダー層に受け入れられるか? 55歳と78歳のW32Kレビュー (1/4)

大きな文字、3つの短縮ダイヤル──「ツーカーS」とは違うアプローチで京セラが開発したエルダー層向けの携帯「W32K」。実際に使ってみた2人に話を聞いた。

[吉岡綾乃,ITmedia]

 KDDIがエルダー層向けに販売している京セラ製WIN携帯が「W32K」。大きな文字や、ワンタッチ発信、分かりやすい操作体系などが特徴だ(5月19日の記事参照)

a_w0.jpg

 KDDIがいう“エルダー層”とは、50代〜60代を指す。KDDIの狙いはターゲットに届いているのか、今回は2人のテスターにW32Kを実際に使ってもらって、使用感を聞いてみた。

 まずテスター1人めは、半年前にツーカーSを試用してもらったとき、「ツーカーSはすごくいい電話だと思うけど、欲しくない。今使っている電話(PHS)のほうがいい」と答えた78歳のテルコさん(2004年12月3日の記事参照)。普段はウィルコムのPHSを使っているが、使用頻度は低い。

 もう1人は、55歳のゆきさん。W32Kのターゲットユーザーにちょうど当たる年代だ。普段はウィルコムのPHSを使っており、メールも利用する。そのほかデジカメも持ち歩いているなど、かなり「使いこなしている」テスターだ。

全体の感想は「満足、使ってみたい」

 テルコさん、ゆきさんの2人とも、W32Kの基本機能(電話を受ける、かける)については満足していた。理由としてあげていたのは「液晶画面が明るい」「(液晶の)文字が大きくて見やすい」「短縮ダイヤルが3つあるのがいい」の3点だ。

 液晶の明るさ、文字サイズの大きさは二人の心を捉えていた。「携帯電話はやはり、画面を見ながらかける。とても見やすくていい」(テルコさん)「この文字はとてもいい。ものすごく見やすい。(待ち受け画面の)時計も(文字が大きくて)いい」(ゆきさん)

 3点目のポイントとなったのが短縮ダイヤル。テルコさんは、自分で短縮ダイヤルの新規登録はできなかったが、発信には短縮ダイヤルを多用していた。「ぜいたくをいえばもっとあるといいと思うけど、でもこれで十分。前の電話(注:ツーカーS)にはこれがないのが残念だったので、これはとてもいいと思う」

 この3つは、いずれも「ツーカーSになくてW32Kにあるもの」だといえる。明るい画面、大きな文字、3つの短縮ダイヤルというW32Kの狙いは正しかったといえそうだ。

a_w01.jpg
文字が大きくて読みやすいと好評の待ち受け画面の時計。下に3つ並んでいるのが短縮ダイヤル(左)、ボタンの機能説明は「通話」「切」など漢字で書かれている。十字キーの左右にある「着歴」「発歴」が、どこを指しているのか少々分かりにくい(右)

 ゆきさんは当たり前に電話帳を利用していたが、テルコさんの場合、電話帳を使うことはできても、自分から積極的に使ったことはないようだ。電話をかけるときには、短縮ダイヤルか発信履歴を使う。「でも、『発歴・着歴』って何のことだか分からなかった。どのボタンの説明かもよく分からなかった」(テルコさん)

 電話帳への新規登録も、横でちょっと教えてあげれば問題なくできるが、完全に一人で登録しようとすると、うまくいかない。「間違えたと思ったときに、どうしていいか分からない。『いつでもここを押せば大丈夫』というボタンがあるなら教えてほしい」という。

操作体系は“分かりやすくない”

       1|2|3|4 次のページへ

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.