ニュース
» 2005年10月04日 17時10分 UPDATE

CEATEC JAPAN 2005:急遽展示中止〜平成電電ブース

10月4日に開幕した「CEATEC JAPAN 2005」会場で、一カ所だけスペースがまるごと空白になっているエリアがある。

[杉浦正武,ITmedia]

 10月4日に開幕した「CEATEC JAPAN 2005」会場で、一カ所だけスペースがまるごと空白になっているエリアがある。平成電電が出展するはずだったブースだ。

Photo 平成電電ブースはドコモブースやKDDIブースの近くにある。本来なら人の往来も多く、新技術を多くのユーザーに説明できるはずだった
Photo

 平成電電は10月3日、東京地方裁判所に民事再生法の適用を申請したことを発表。同日記者会見を開き、佐藤賢治会長らが経営破たんした旨を報告し謝罪した(10月3日の記事参照)。それから一夜明けた4日、CEATEC会場の平成電電ブースには同社説明員の姿は見られなかった。

 ブース内には「急遽展示中止」を告げる看板以外何もなく、がらんとしていた。ただ壁には技術内容を説明するパネルが残ったままで、同社が展示に向けて準備を進め、突然の中止に至った経緯が見て取れた。

Photo 平成電電とドリームテクノロジーズが出資するジャパンワイヤレスのパネルが残されていた。MIMOの技術を利用し、高セキュリティの通信を実現するとうたっている

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.