ニュース
» 2005年10月25日 15時32分 UPDATE

auの「GLOBAL PASSPORT」、マカオで利用可能に

auの国際ローミングサービス「GLOBAL PASSPORT」のサービスエリアが拡大。10月28日からマカオでの音声通話が可能になる。

[ITmedia]

 KDDIは10月28日から、au携帯電話向けの国際ローミングサービス「GLOBAL PASSPORT」のサービスエリアを拡大、新たにマカオを追加する。China Unicom Macauとの相互協力により実現するもので、マカオ半島、タイパ島、コロアネ島での音声ローミングが利用できるようになる。※初出でChina Unicom MacauがChina Unicomとなっておりました。お詫びし、訂正致します

sa_kr.jpg
 マカオの「GLOBAL PASSPORT」サービスエリア

 利用料金は、渡航先での国内通話が70円/1分、日本への通話が195円/分、日本以外への国際通話が280円/分、他のグローバルパスポート端末への通話が195円/分。渡航先での着信は180円/分。

 GLOBAL PASSPORTは、日本で利用している携帯電話を、番号・端末を変えずに海外でも利用可能にするサービス。対応端末は「A5514SA」(10月17日の記事参照)「A5505SA」(2004年3月の記事参照)「A1305SA」(2004年6月の記事参照)などのGLOBAL PASSPORT対応端末。

hn_a5514sa.jpg
 GLOBAL PASSPORT対応の新端末「A5514SA」

 マカオでのサービス開始により、GLOBAL PASSPORTのサービスエリアは中国・香港・韓国・米国・オーストラリアなど17の国及び地域で提供されることになる。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.