ニュース
» 2005年11月09日 19時35分 UPDATE

ソフトバンク、イー・アクセス、アイピーモバイルに携帯免許認可

携帯新規参入の3社が決定した。各事業者の基地局開設計画の概要も公表された。

[杉浦正武,ITmedia]

 総務省は11月9日、1.7GHz帯および2GHz帯での携帯新規参入事業者を決定したと発表した。ソフトバンクグループのBBモバイル、イー・アクセスの子会社であるイー・モバイル、アイピーモバイルの3社の参入を認める。

 電波監理審議会が、3社の基地局開設計画を認定することが適当と判断した。総務省はこれをふまえ、認定を行う。BBモバイルとイー・モバイルは1.7GHz帯を利用してW-CDMA方式で、アイピーモバイルは2GHz帯を利用してTD-CDMA方式でそれぞれ参入することになる。

 これに伴い、各社の基地局開設計画の概要も明らかにされた。BBモバイルは全国に1万5960の基地局を、イー・モバイルは1万5210の基地局をそれぞれ認定から5年後までに設置する予定。アイピーモバイルは6603の基地局を敷設するとしている。

BBモバイル イー・モバイル アイピーモバイル
運用開始予定期日 2007年4月1日 2007年3月15日 2006年10月1日
カバー率50%を達成する予定年度 関東:2006年度、そのほか:2007年度 関東:2006年度、そのほか:2007年度 関東、東海および近畿:2007年度、そのほか:認定から5年以内
開始5年後の年度末加入数見込み 669万 505万 1160万

 →携帯新規参入特集ページ

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.