ニュース
» 2005年12月28日 17時13分 UPDATE

Samsung、HSDPA携帯電話をCESで披露

Samsung初のHSDPA携帯電話はハードの開発を終え、ソフトに取り組んでいるところだ。CESではワーキングプロトタイプが展示される。(IDG)

[IDG Japan]
IDG

 Samsung ElectronicsはInternational Consumer Electronics Show(CES)で、2006年に多数の携帯キャリアが導入予定の高速データダウンロードサービスに対応した同社初の携帯電話を展示する。

 まだプロトタイプのこの携帯電話はVodafone Groupが開発しており、HSDPA(High Speed Downlink Packet Access)に対応しているとSamsungは12月28日に明らかにした。HSDPAを第3世代WCDMAネットワークで利用すると、今よりもずっと高速なデータダウンロードを提供できる。

 Vodafoneは9月に、2006年初めにHSDPA技術のトライアルを開始すると話していた。

 同社のサービスは初め、1.6Mbpsの最高ダウンロード速度を実現する。これに対し現行のWCDMAネットワークの速度は384Kbpsだ。今後のアップグレードで、いずれ速度は7Mbpsになるという。ユーザーにとっては、通常のデータダウンロード速度が約120Kbpsからおよそ425Kbpsになると同社は説明している。

 同社はまた、携帯電話からネットワークへのアップロードを高速化するHSUPA(High Speed Uplink Packet Access)を2007年か2008年に導入することも検討している。

 Samsungの広報担当ソフィア・キム氏は、HSDPA携帯のワーキングプロトタイプをCESで展示すると語る。

 この端末に関する詳細情報はほとんど明らかになっていないが、Samsungは既にハード開発を完了し、ソフトに取り組んでいるところだとキム氏は言う。この端末は2006年前半にVodafoneに提供されるが、ユーザーへの発売時期はVodafoneのHSDPA商用化計画によって決まる。

 既にHSDPAサービスを立ち上げているキャリアも1社ある。12月に米国など52の地域で開始されたCingular Wirelessの「Broadband Connect」サービスは、HSDPA技術をベースにしている。このサービスは、400Kbps〜700Kbpsのダウンロード速度を実現し、ノートPC用のモデムカードを介して月額60ドルの定額料金で利用できる。

Copyright(C) IDG Japan, Inc. All Rights Reserved.