ニュース
» 2006年02月14日 15時37分 UPDATE

三洋電機とノキア、CDMA端末製造のための合弁会社を設立

三洋電機とノキアは、CDMA端末を製造する会社を合弁で設立する。社名は「三洋ノキアモバイルデバイシス」。

[ITmedia]

 三洋電機とフィンランドのNokiaは、2月14日、CDMA携帯電話事業についての新会社を設立することを発表した。2006年第2四半期に最終合意書に調印し、第3四半期には新会社の運営開始を目指す。新会社の社名は「三洋ノキアモバイルデバイシス」。

Photo 握手する両社代表。左から、三洋電機常務執行役員の鵜狩武則氏、ノキア・ジャパン社長のタイラー・マクギー氏

 両社のCDMA事業を分離独立し、新会社を設立する方式。新会社の主要な事業拠点は、大阪、鳥取、米国サンディエゴに置かれる。本社をどこに置くかは決定していない。また、両社の出資比率についても今後調整していく。

 三洋電機は日本のauや米Sprintといったキャリアに多く端末供給しており、ハイエンド端末の開発に強みを持つ。一方でNokiaは南米、アジア太平洋、北米などワールドワイドのマーケットで大きなシェアを持ち、ブランド力を活かしたエントリー機からミドルレンジの開発を得意とする。両社は、補完関係を築けるという。

Photo 両社のCDMA事業を分離した上で、新会社を設立する

 三洋電機は新会社設立をきっかけに、世界のマーケットを狙いたい考え。一方でNokiaも日本市場への進出を強めると予想されるが、auに端末供給するかどうかは言及しなかった。

 「新会社設立後も、三洋電機ブランドは残る。三洋ブランドと新ブランドと、2本並行で展開していく」(三洋電機広報部)

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう