ニュース
» 2006年08月28日 12時08分 UPDATE

厚さ16ミリの“THE SLIM”ケータイ――「A5522SA」

三洋電機製のCDMA 1Xモデル「A522SA」は、厚さ16ミリのスリムボディに充実のセキュリティ機能を搭載、ビジネスにもプライベートにも役立つ「THE SLIM」ケータイだ。

[ITmedia]

 三洋電機製のCDMA 1Xモデル「A522SA」は、厚さ16ミリのスリムボディに充実のセキュリティ機能を搭載した。ビジネスにもプライベートにも役立つ“THE SLIM”ケータイだ。

photo “THE SLIM ケータイ”ことA5522SA
photo

 「とじるとロック」「遠隔オートロック」など各種のセキュリティ機能を搭載するほか、本体内にも約50Mバイトのメモリを搭載しており、大量のデータが保存できるのも特徴だ。

 アドレス交換などに便利な赤外線通信機能や英単語辞書、「EZナビウォーク (声de入力対応)」「安心ナビ」などのGPS機能も備える。

photophoto

厚さ16ミリの折りたたみボディ

 なによりもまず目を引くのはボディの薄さだろう。京セラが、最薄部の厚さが15.3ミリのWIN端末「W44K」を発表したこともあって、惜しくも“最薄”の称号は獲得できなかったものの、その薄さはワイシャツの胸ポケットにも余裕で入れられるほどだ。

 外観はドコモの「M702iS」ボーダフォン端末「804SS」などに似ており、大きめの下ケースにコンパクトなディスプレイ部が付くスタイルとなっている。メインディスプレイは2.3インチのQVGA液晶で、背面には1.1インチのサブディスプレイも搭載した。

 ボディカラーは個性的なレッドスクエアとスタンダードなプレーンシルバー、それにグロッシーホワイトを用意。レッドスクエアはガンメタリックと赤の強いコントラストが印象的な、若者向けのデザインだ。一方プレーンシルバーはその名の通り全面がシルバーで、グロッシーホワイトはパール入りの背面とマットな白の組み合わせとなっている。

PhotoPhoto カラーバリエーションはレッドスクエアとプレーンシルバー、グロッシーホワイトの3色。レッドスクエアがスタイリッシュで若々しいイメージなのに対し、プレーンシルバーはオーソドックスなデザイン。グロッシーホワイトは女性的だ
PhotoPhoto 背面のヒンジ近くに134万画素のCMOSカメラと撮影補助用ライトを装備。中央には1.1インチのサブディスプレイを搭載する。裏面には充電用の端子とバッテリー、スピーカーがある
PhotoPhoto 平型イヤフォンコネクターとmicroSDカードスロットは左側にある。microSDカードは1Gバイトのものまで利用可能。右側にはキーが2つあるだけとシンプルな構成になっている。ディスプレイ側とダイヤルキー側の間には溝があるため指を入れて開けやすい
os_asa-key.jpgos_asa-macro.jpg キーレイアウトはほかのau端末とほぼ同じ。クリア/マナーキーだけやや小さいが、特に打ちにくくはない。[#]キーは長押しすると約92デシベルの音量で防犯ブザーを鳴らせる。ヒンジの内側には、カメラのマクロモードとパンフォーカスモードを切り替えるスライドスイッチを備える
PhotoPhoto 着信を知らせるLEDは、背面のサブディスプレイの下に位置する。色は設定メニューでカスタマイズできる

OCR機能や1X端末ならではの機能も

Photo 三洋電機製端末ならではの「カメラ de 辞書」やOCR機能も健在

 三洋電機製端末ではおなじみの、カメラを活用したOCR機能も標準装備している。メールアドレスや電話帳、日本語の名前などをカメラで読み取り、アドレス帳に登録可能だ。さらに英単語や日本語をカメラで読み取ると翻訳してくれる「カメラ de 辞書」機能も備える。

 また本機は「ガク割」が利用できる1X端末ということで、学生や生徒が使うことも想定し、1カ月間の通話時間やメール送信回数の上限を設定することで使いすぎが防止できる「ティーンズ/ジュニア制限」機能を備え。この機能を利用するとメールからのURL to/Phone to/Mail toなどが禁止できるほか、アドレス帳に登録のない番号やアドレスからの電話やメールを簡単に拒否できる。さらに、電話やメールの相手をペア相手登録者のみに制限することも可能だ。

 逆にシンプルな端末を必要とするエルダー層や携帯を初めて使うユーザーにも使いやすいよう、大きなメニューやピクト、ガイド表示を行うスマートモードも備える。

PhotoPhotoPhotoPhoto メニューは9分割のシンプルなもの。カーソル操作を行うとアイコンが画面外から動いてくる。メニューから「メール」を選ぶとさらに9個の項目が並んだメールメニューが現れ、簡単にメールの作成や閲覧ができる。日本語入力システムはATOKとAPOTを搭載した
PhotoPhoto サブディスプレイは1.1インチのTFT液晶だ。壁紙はメインディスプレイと同じ雰囲気のものがプリセットされる。ディズニーの「リロ&スティッチ」の壁紙やアイコン、着Flashも用意しており、好みに合わせてカスタマイズできる
機種名 A5522SA
サイズ(幅×高さ×厚み) 50×99×16ミリ
重さ 約97グラム
連続通話時間 約210分
連続待受時間 約280時間
カメラ 有134万画素カメラ
外部メモリ microSD(別売り)
メインディスプレイ 2.3インチ(240×400ピクセル)
サブディスプレイ 1.1インチ(64×96ピクセル)
ボディカラー レッドスクエア/プレーンシルバー/グロッシーホワイト

新機種はいつ発売?と思ったら→「携帯データBOX」
  • 各キャリアの「新機種発売日情報」
  • 未発表の端末情報をお届けする「JATE通過情報」
  • 新機種の売れ筋が分かる「携帯販売ランキング」

携帯データBOXそのほか、各端末情報が一望できる“機種別記事一覧”が新登場〜いますぐパワーアップした携帯データBOXをチェック!
携帯データBOXは、ITmediaモバイルトップページのメニューバー右側からもアクセスできます。


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.