ニュース
» 2006年12月07日 17時14分 UPDATE

auとソフトバンクが躍進──11月契約者数

電気通信事業者協会(TCA)が、11月末時点での携帯電話・PHS契約者数を発表した。au、ソフトバンクが純増したのに対し、ドコモは純減となった。【各種サービスの対応状況を追加】

[遠藤学,ITmedia]

 電気通信事業者協会(TCA)は12月7日、11月末時点での携帯電話契約者数を発表。携帯電話の契約数は累計で9445万3700となり、10月末から37万6100増えている。

photo 各キャリアの純増数の推移

グループ名 2006年11月純増数 累計
NTTドコモ −1万7500 5212万6200
au(KDDI) 47万9600 2531万8500
ツーカー −15万4600 160万9500
ソフトバンク 6万8700 1539万9500
累計 37万6100 9445万3700

 キャリア別に見ていくと、10月に引き続き、auが純増数を47万9600と大きく伸ばした。auは9月から3カ月連続で純増数30万以上を記録するなど、好調を維持している。2008年3月31日にサービス終了が決まったツーカー(12月7日の記事参照)は、15万4600の純減。累計契約者数は160万9500となった。


グループ名 単月シェア 累計シェア
NTTドコモ −4.7% 55.2%
au(KDDI) 127.5% 26.8%
ツーカー −41.1% 1.7%
ソフトバンク 18.3% 16.3%

 NTTドコモの契約者数は、11月1日に「P903i」、11月14日に「D903i」「F903i」「N903i」、11月25日に「SO903i」を発売したものの、1万7500の純減となった。

 ソフトバンクは6万8700の純増。10月の同社純増数は2万3800で、約4万上積みしたことになる。新料金体系が浸透したこと、MNP手続きの受け付け業務停止などのトラブルが落ち着いたことなどが、約3倍増となった要因と考えられる。

photo 各キャリアの単月シェアの推移

ドコモ、3G契約数が3000万を突破

グループ名 2006年11月純増数(3G) 累計(3G) 3G率
ドコモ 92万8900 3083万8900 59.2%
au(KDDI) 50万1900 2463万9400 97.3%
ソフトバンク 48万3800 532万5000 34.6%

 ドコモの3G契約(FOMA)は92万8900増の3083万8900となり、3000万の大台を超えた。3G率も10月末の57.3%から約2ポイント増の59.2%で、6割到達は目前となっている。auは50万1900増の2463万9400で、3G率は97.3%となった。

 ソフトバンクの3G契約数は48万3800増の532万5000で、3G率は34.6%。10月の3G契約数27万8800から倍近い純増を記録し、累計もついに500万に達した。

au、各種サービスの稼働台数が軒並み増加

 キャリア別の各種サービス対応状況は以下の通り。auは契約者数の大幅純増に伴い、各種サービスの稼働台数が軒並み増加となった。

 ソフトバンクではムービー、アプリ稼働台数が増加し、カメラ、Web稼働台数が減少した。ドコモもWeb稼働台数が減少している。

グループ名 カメラ ムービー アプリ GPS 着うた Web
NTTドコモ 調査中 非公開 調査中 非公開 非公開 4714万3700
au(KDDI) 2358万 2335万 2108万(BREW) 2171万 2339万(うち着うたフル1105万) 2211万200
ソフトバンク 1329万3700 984万4800 1195万300 非公開 非公開 1288万1100
※「ムービー」は撮影した動画をメールで送信できる端末を指す。

ウィルコム、伸び率がさらに鈍化

グループ名 2006年11月純増 累計
ウィルコム 2万4700 432万2200
NTTドコモ −2万4600 55万4700
アステルグループ 0 1万3800
累計 100 489万700

 PHSの契約数は、総計100の増加で累計489万700となった。ウィルコムは2万4700の新規ユーザーを獲得したものの、9月の6万9700増、10月の3万7800増と比較すると、伸び率は鈍化傾向にある。

 ドコモは2万4600の純減で、累計契約者数は55万4700。アステルグループは、東北インテリジェント通信の1万3800のみで、10月からの増減はない。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.