レビュー
» 2007年05月11日 17時35分 UPDATE

「2in1」のここが知りたい:2台持ちのドコモ端末を2in1でまとめるには──「2in1」

ドコモ端末を2台持っているユーザーの中には、2in1を利用して2回線を1台にまとめたいと考える人もいるだろう。その場合の手続きや契約期間、ドコモポイントはどうなるのか。

[神尾寿,ITmedia]
sa_t01.jpgPhoto 2回線を1台で切り替えて使える「2in1」

質問:2台持ちのドコモ端末を2in1でまとめると、ポイントや契約期間はどうなるのか

 ドコモ端末を2台持っているユーザーの中には、2in1で1台にまとめたいと考える人もいるだろう。この場合に「それぞれのドコモポイントはどうなるのか」「契約期間の引き継ぎはどうなるのか」といった質問が寄せられた。ここでは、2台ともFOMAの場合について解説する。

 2in1にまとめる場合、まずはどちらをAモードにするかを決める必要がある。というのもドコモポイントや契約期間はAモードに割り当てた番号のものが引き継がれ、Bモードのものは消失するからだ。これはBモードの契約が、“いったん解約し、同番号・同メールアドレスで新規契約する”というフローになるためだ。

 なお、2in1対応端末を購入する際、(いったん解約扱いになる)Bモードに設定する回線分のドコモポイントを利用することはできる。この場合は、まずBモードにする回線分の番号の契約買い増しとして、ポイントを使って新端末を購入する。そして購入した端末に、すでに持っているAモードにする回線のSIMを入れて2in1の手続きを行えばいい。なお、AモードとBモードで請求先が同じであれば、請求をまとめてしまうことでポイントを統合し、機種変更に利用することもできる。

 「新いちねん割引」については、Aモードに割り当てた契約分は、機種変更の扱いになるため特に問題はない。ただ、Bモードに割り当てる回線に新いちねん割引を設定している場合、2in1契約時には解約手数料(3150円)は発生しないものの、新いちねん割引の更新月以外に2in1の契約を解除すると、その時点で解約手数料が発生する。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.