調査リポート
» 2007年10月10日 21時59分 UPDATE

携帯サイトで旅行の予約、半数以上が“利用意向あり”

ヤフー・バリュー・インサイトが「オンライン旅行予約」に関する調査結果を発表。携帯サイトでのオンライン予約は、半数以上が利用意向があると答え、オンライン予約で重視するのは「低価格」がトップとなった。

[ITmedia]

 ヤフー・バリュー・インサイトは10月10日、定例リサーチとして実施した「オンラインでの旅行予約」に関する調査結果を発表した。調査は2007年9月7日から同21日まで、iモード向けサイト「とくするメニューを」活用して実施したもので、有効回答数は3678人。

 同調査によれば、携帯電話やPCを利用したオンラインでの旅行予約経験者は、回答者全体の48.0%だった。男女、年代別では、男性の30歳代から40歳代と、女性の20歳代から30歳代で5割を超えていた。また、オンラインでの旅行予約経験者の利用端末は、「携帯電話からのみある」と「携帯・PC両方ある」を合わせた「携帯利用者計」が68.2%。男女別では、「携帯利用者計」は女性よりも男性で多く、「PCのみある」と答えた人の割合は、男性に比べて女性の方が多かった。

 携帯電話で旅行予約したことがある層の予約状況は、「1カ月以上先」が26.9%で最多となり、これに「3〜6日先」が25.2%、「当日」が23.9%、「1週間先」が(22.6%、「3、4週間先」が22.3%で続いた。男性では「当日」が31.7%で最も多く、女性では「1カ月以上先」が32.5%で最も多かった。

 チケット予約、宿泊予約の携帯サイトを利用するシーンは、「自分の部屋」が45.9%と最も多く、以下、「移動中(電車)/バス/車の中など」が23.9%、「職場/学校」が18.2%の順だった。男女別では、「職場/学校」は女性に比べ男性で多く、「自分の部屋」および「自分の部屋以外の自宅」は男性に比べ女性で多い。

 携帯サイトによるオンラインでの旅行予約の利用意向は、「利用したい」が24.7%、「できれば利用したい」が30.2%、「どちらともいえない」が26.2%、「あまり利用したいとは思わない」が10.5%、「利用したいとは思わない」が8.3%と並んだ。「利用したい」と「できれば利用したい」を合わせた「利用意向あり」は、54.9%となっている。

 なお、オンラインで旅行予約をする際に重視することは、「低価格」が54.8%と最も高く、以下、「情報の検索のしやすさ」が37.5%、「いつでも予約が可能」が34.7%、「予約の変更・キャンセルが可能」が31.0%となった。男女別では、「個人情報の管理がしっかりしている」は男性に比べ女性で多く、男女、年代別では、「低価格」は女性20〜30歳代、「情報の検索のしやすさ」は女性20歳代以下、「いつでも予約が可能」は男性50歳以上、「予約情報が確認できる」は男性50歳以上と女性40歳代以上、「ポイント特典がある」は男性19歳以下と女性20歳代で多かった。

関連キーワード

携帯サイト | 検索 | iモード | チケット


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.