ニュース
» 2007年10月16日 11時17分 UPDATE

“漆器の小箱”に最新機能全部入り、スムースタッチが進化――「W54SA」

漆器の小箱をイメージしたボディに詰め込んだのは、ワンセグ、FeliCa、デジタルラジオ、Bluetooth、テレビ電話、au one ガジェット、進化したLISMO、3インチワイドVGA液晶、318万画素カメラといった最先端機能の数々――。それが三洋電機製の「W54SA」だ。ダイヤルキー部をPCのタッチパッドのように使えるスムースタッチも搭載する。

[後藤祥子,ITmedia]

 外見は落ち着いた和のテイスト、中には最先端機能を搭載――。これが三洋電機製のハイエンドWIN端末「W54SA」だ。デザインは、大切なものを入れておく漆器の小箱をイメージしており、彫刻刀で彫り込んだような側面のライン、紋様を模したフロントキーで“和のテイスト”を演出する。

photo ボディカラーは黒紅梅、山吹、白雪の3色。待受画像や着せ替えツール、着信音も和風のものがプリセットされる

 ディスプレイには、ワイドVGA対応の3インチIPS液晶を採用。480×800ピクセルの高解像度ディスプレイが、ワンセグを視聴しながら各種機能を利用する「マルチプレイウィンドウ」や、待受画面上に任意の機能をレイアウトする「au one ガジェット」利用時の利便性を高めるという。

 EZ FeliCa、デジタルラジオ、ワンセグ、PCサイトビューアー、Bluetooth、AF対応の318万画素カメラなどのトレンド機能に加え、冬モデル向け新機能のau one ガジェットや「LISMO オーディオ機器連携」に対応。音楽は着うたフルやPC用音楽配信サイト「mora」からダウンロードした楽曲を聴くことができる。EV-DO Rev.Aへの対応により、下り最大3.1Mbps、上り最大1.8Mbpsの高速通信を利用可能。新たにテレビ電話にも対応した。

 インタフェース面では「W42SA」で初搭載した、ダイヤルキー部分をPCのタッチパッドのようになぞって使える「スムースタッチ」を採用。EZwebやPCサイトビューアー、メールの閲覧時、アドレス帳検索時などのスクロールを指でなぞって行える。またダイヤルキー部を手書き入力エリアに見立てて、漢字やひらがな、カタカナ、英数字を手書きで入力することも可能だ。

sa_sa04.jpgPhoto 冬モデル唯一のワイドVGA(480×800ピクセル)対応モデル。ほとんどの機能がVGA表示に対応するという

sa_sa02.jpgPhoto スライドボディの「W54SA」


機種名 W54SA
サイズ(幅×高さ×厚さ) 約50×109×18.9ミリ(暫定)
重さ 約144グラム(暫定)
連続通話時間 検討中
連続待受時間 検討中
カメラ AF付き有効318万画素CMOS(手ブレ補正対応)
外部メモリ microSD(別売り)
メインディスプレイ 約3インチワイドVGA(480×800ピクセル)
サブディスプレイ
主な機能 赤外線(IrSimple)、Bluetooth、LISMOビデオクリップ、EZ着うたフル、EZテレビ(ワンセグ)、デジタルラジオ、EZ・FM、EZナビウォーク、災害時ナビ、EZ FeliCa、EZニュースフラッシュ、EZケータイアレンジ、PCサイトビューアー、au one My Page、グローバルエキスパート、オープンアプリプレイヤー
ボディカラー 山吹、黒紅梅、白雪


新機種はいつ発売?と思ったら→「携帯データBOX」
  • 各キャリアの「新機種発売日情報」
  • 未発表の端末情報をお届けする「JATE通過情報」
  • 新機種の売れ筋が分かる「携帯販売ランキング」

携帯データBOXそのほか、各端末情報が一望できる“機種別記事一覧”が新登場〜いますぐパワーアップした携帯データBOXをチェック!
携帯データBOXは、ITmediaモバイルトップページのメニューバー右側からもアクセスできます。




Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.