ニュース
» 2007年10月16日 11時29分 UPDATE

騒がしい場所でも聞きやすい、骨伝導スピーカー搭載──「簡単ケータイ A1407PT」

Pantech製の「A1407PT」は、使いやすさに配慮した簡単ケータイ。背面に骨伝導スピーカーを搭載し、騒音のある場所でも通話を聞きとりやすくした。

[平賀洋一,ITmedia]

 骨伝導スピーカーを搭載する韓Pantech & Curitel Communications(Pantech)製の1X端末が「簡単ケータイ A1407PT」。au向け端末として、2005年秋発売の「A1405PT」、2006年秋発売の「A1406PT」に続く3機種目のPantech製端末となる。

photo A1407PT

 本機は音声を振動として鼓膜以外からも伝える骨伝導スピーカーを背面に搭載したのが大きな特徴。端末を閉じたまま耳の近くに当てることで、うるさい場所でも通話を聞き取りやすいメリットがある。通常のスピーカーによる音声通話も行える。

 ディスプレイはQVGA(240×320ピクセル)表示対応の約2.4インチ液晶で、最大40ドットの大きな文字で表示する「でか文字」に対応。ダイヤルキーやソフトキーは、ドーム形状で大きく押しやすい「でかキー」を採用し、キートップの文字を大きく刻印するなど見やすさと使いやすさに配慮した。

 そのほか、携帯初心者やシニアユーザーにも分かりやすいように、よく使う機能だけを操作画面に表示する「かんたんモード」や、最大3件の電話番号を登録でき、ワンプッシュで電話がかけられる「ワンタッチキー」を搭載。有効135万画素カメラや簡易ライト機能、EZ着うた、赤外線通信機能なども備える。

 主なスペックは以下の通り。

機種名 簡単ケータイ A1407PT
サイズ(幅×高さ×厚さ) 約51×98×20(最厚部23ミリ)ミリ
重さ 約120グラム(暫定)
連続通話時間 約200分(暫定)
連続待受時間 約300時間(暫定)
カメラ 有効135万画素
外部メモリ
メインディスプレイ 約2.4インチQVGA(240×320ピクセル)
サブディスプレイ 約1.2インチ(96×64ピクセル)
ボディカラー ホワイト
新機種はいつ発売?と思ったら→「携帯データBOX」
  • 各キャリアの「新機種発売日情報」
  • 未発表の端末情報をお届けする「JATE通過情報」
  • 新機種の売れ筋が分かる「携帯販売ランキング」

携帯データBOXそのほか、各端末情報が一望できる“機種別記事一覧”が新登場〜いますぐパワーアップした携帯データBOXをチェック!
携帯データBOXは、ITmediaモバイルトップページのメニューバー右側からもアクセスできます。


関連キーワード

骨伝導 | A1407PT | 簡単ケータイ | A1406PT | au


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.