ニュース
» 2007年11月09日 15時05分 UPDATE

日本通信、ドコモ携帯でiモードを経由しない法人向けMVNOサービス開始──12月から

日本通信はドコモ端末でiモードプラットフォームを利用しない通信形態を実現する、法人向けMVNOサービス「ケータイPC化サービス」を12月に開始する。

[岩城俊介,ITmedia]
photo サービスイメージ

 日本通信は11月9日、NTTドコモの通信網を利用した法人向けMVNOサービス「ケータイPC化サービス」を2007年12月に開始すると発表した。

 ケータイPC化サービスは、ドコモとiモード移動無線装置接続用パケット交換機との相互接続を行うとともに同社と法人契約社間を専用線接続することにより、ドコモ端末でiモードプラットフォームを利用しない通信形態を実現するもの。例えば契約社の社員が利用する携帯で、iモードメールのように直接会社メールの送受信が行えるようになる。Webメールサービスのように操作が煩雑にならず、かつ既存の携帯とネットワークを利用して、RIM(Research In Motion Limited)のモバイル端末「BlackBerry」と同様のサービスを提供するのが狙い。

 そのほか、携帯ブラウザ機能のスタート画面も通常のiメニュー(ドコモの場合)ではなく、多くの企業がスケジュール管理などに利用するグループウェアのページを直接指定でき、自社で使用する業務システムサーバ間で動作する、クライアント(携帯アプリ)・サーバ方式の業務システムを構築することも可能としている。

 同社は今後、既存のノートPCにおけるデータ通信以外に、この携帯を利用したデータ通信事業も推進していく考え。ドコモ以外に、KDDIとソフトバンクモバイルの携帯についても同様サービスを展開する予定とし、両者に接続申し入れを2007年8月に行っている(なお、同サービスは9月21日に総務省が裁定案を出したドコモとの相互接続問題とは別件。この相互接続問題は現在も審議が継続している)。

関連キーワード

日本通信 | NTTドコモ | MVNO | 総務省 | BlackBerry


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.