ニュース
» 2007年08月09日 16時33分 公開

日本通信、携帯メールポータビリティを実現する“tangomail.jp”を発表

日本通信が、子会社の丹後通信を設立して、キャリアを変更しても同一のメールアドレスを使い続けられるMVNOサービスを開始する。ドコモ、KDDI、ソフトバンクのパケット通信網と相互接続して独自のメールサービスを無料で提供する。

[ITmedia]

 日本通信は8月9日、キャリアを変更しても同一のメールアドレスが使い続けられる、“携帯メールポータビリティ”を実現するサービスを、MVNO形式で提供すると発表した。独自のメールアドレス「ユーザー名@tangomail.jp」を用意し、無料でメールサービスを提供する。受付は丹後地域で9月1日から開始し、全国からの受付は10月1日にスタート。サービスは各携帯電話キャリアとの接続が完了した時点で開始する。

 同社は7月31日に、ドコモ対してiモード移動無線装置接続用パケット交換機との接続を申し入れたが(7月31日の記事参照)、KDDIとソフトバンクモバイルに対しても、同様の申し込みを8月8日に行った。ドコモとの接続に関しては、4カ月以内にサービスを開始できると想定している。ドコモ、KDDI、ソフトバンクのパケット通信網と日本通信の接続設備を相互接続することで、各社のサーバを経由しないネットワークサービスを提供可能にする。

 また同社は8月9日付で、MVNOとしてtangomail.jpメールサービスを提供する子会社、丹後通信を設立したことも明らかにした。日本通信は丹後通信をMVNEとしてサポートする。

 丹後通信のメールサービスを利用する場合、例えばドコモ端末のユーザーなら接続先をiモードから丹後通信に切り替えることで、ドコモ端末のメール機能を利用して丹後通信のメールが送受信可能になる。このメールサービスは、携帯キャリアを変更してもアドレスを変えることなく使い続けられるのが特徴だ。

Photo 日本通信の接続設備を利用した携帯メールポータビリティを実現するしくみ(イメージ)
Photo 日本通信が提供するMVNEサービスと丹後通信の位置づけ(イメージ)

関連キーワード

日本通信 | MVNO | データ通信


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう