ニュース
» 2007年11月09日 16時54分 UPDATE

KDDI研とメディアキャスト、ワンセグ規格準拠のH.264ソフトウェアエンコーダを開発

KDDI研とメディアキャストが、ワンセグ放送規格に準拠したH.264ソフトウェアエンコーダを開発。番組制作会社は、専用の放送機材を使うことなくワンセグ番組を制作可能になる。

[ITmedia]
Photo エンコーダのシステムイメージ

 KDDI研究所とメディアキャストは11月9日、ワンセグ放送規格に準拠したH.264ソフトウェアエンコーダを開発したことを発表した。

 KDDI研究所の高速・高画質圧縮エンジンを搭載したライブラリ「MP-Factory Ver.5」をベースに、同研究所のワンセグ向け符号化における主観画質の最適化技術とメディアキャストのARIB規格に関するノウハウやH.264エンコーディング技術、TS関連技術を融合させる形で、ワンセグ対応のH.264エンコーダを開発。この技術を搭載した製品を利用することで、高価な専用機材を使うことなくエンコードからTS生成、出力までを行えるようになり、番組制作のコスト低減やクオリティの向上に貢献できるという。

 両社は2007年11月20日から幕張メッセで開催される「2007 国際放送機器展」(InterBEE 2007)のブースで、同エンコーダを参考出品する予定。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.