ニュース
» 2007年12月21日 13時55分 UPDATE

タッチもピンチもスタイラス入力も――ソニーがタッチパネル内蔵ディスプレイを開発

ソニーが、液晶パネルにタッチパネル機能を内蔵したディスプレイを開発。タッチパネルを貼り付ける必要がないため、画質や薄さを損なうことなくモバイル機器に実装できるのが特徴だ。

[ITmedia]
Photo ソニーのタッチパネル内蔵ディスプレイ

 ソニーは12月20日、液晶パネルにタッチパネルを内蔵したディスプレイを開発したことを発表した。VGA解像度の3.5インチディスプレイで、色数は1677万色。光センサーと読み出し回路をガラス基板上に形成することで、タッチパネルの内蔵を実現した。

 ディスプレイにタッチパネル機能を持たせるには、抵抗型や静電容量型のタッチパネルを液晶パネル上に貼り付ける必要があり、画質の劣化や搭載デバイスの厚みが増すなどの課題があった。タッチパネルを内蔵することで搭載機器の薄型化が可能になり、画質やデザインを損なうことなくタッチ操作対応機器を開発できるという。

 タッチパネルを使ったデータ入力は、スタイラス入力のほか、ピンチインやピンチアウトのような指による複数接触点入力にも対応。画像の拡大や縮小、回転などの操作も指入力で操作できる。

関連キーワード

ディスプレイ | 液晶パネル | ソニー


携帯業界のトレンドを知りたいと思ったら→+D Mobile「業界動向」へ
  • 各キャリアの発表会リポート
  • 国内外の携帯市場動向
  • 通信業界のキーパーソンインタビュー
  • 携帯事業者別シェア/携帯出荷台数
  • 携帯関連の調査リポート記事

携帯業界のトレンドや今後を把握するのに必要な記事だけを集めたのが“+D Mobile 業界動向”。記事はトピックや連載ごとにアーカイブされ、必要なときにまとめてチェックできます。
今すぐアクセス!


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.