ニュース
» 2008年01月17日 19時17分 UPDATE

携帯出荷3カ月ぶりに増加、半数以上がワンセグ搭載──JEITA 11月携帯出荷

電子情報技術産業協会(JEITA)は2007年11月の携帯・PHS国内出荷台数を発表。携帯は冬商戦向けモデルの発売で3カ月ぶりにプラス。ワンセグ搭載端末の比率も急増した。

[岩城俊介,ITmedia]

 電子情報技術産業協会(JEITA)は、2007年11月分の携帯電話およびPHS端末の国内出荷台数実績を発表した。携帯電話とPHSを合計した全出荷台数は491万1000台。同年前月比で約2倍、前年同月比106.6%となった。

 携帯電話の出荷台数は480万7000台で前年同月比106.3%。内訳は3G携帯が480万6000台で前年同月比108%、2G携帯は前月より大きく減少した1000台で前年同期比1.2%。携帯出荷台数は3カ月ぶりに前年同月比でプラスに転じた。PHSは10万7000台を出荷。前年同月比は120.3%であるものの、同年前月比で大きく伸びた携帯電話に対し、PHSは前月実績を下回った。

 11月は携帯各社が2007年冬商戦向けの新機種を投入。高機能なワンセグ搭載機種を多く揃え、NTTドコモとKDDIは新たな端末購入方法を開始した。結果、出荷台数の増加とともにワンセグ搭載比率が約24ポイントも上昇し、はじめてワンセグ非搭載端末を上回る58.3%に達した。

photo 携帯電話出荷実績の推移
photo PHS出荷実績の推移
携帯業界のトレンドを知りたいと思ったら→+D Mobile「業界動向」へ
  • 各キャリアの発表会リポート
  • 国内外の携帯市場動向
  • 通信業界のキーパーソンインタビュー
  • 携帯事業者別シェア/携帯出荷台数
  • 携帯関連の調査リポート記事

携帯業界のトレンドや今後を把握するのに必要な記事だけを集めたのが“+D Mobile 業界動向”。記事はトピックや連載ごとにアーカイブされ、必要なときにまとめてチェックできます。
今すぐアクセス!


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.