レビュー
» 2008年01月22日 22時04分 UPDATE

写真で解説する「X PLATE」

ボディのコンパクトさが目立つ「X PLATE」は、中国で通話ができるPIMカード対応のエントリーモデル。カメラやブラウザは非搭載だが、基本的な使い勝手はどうか。「PIMカード」の詳細を含めチェックした。

[田中聡(至楽社),ITmedia]

 セイコーインスツル(SII)製の「X PLATE(テンプレート)」(WX130S)は、サイズが110(高さ)×47.3(幅)×11.5(厚さ)ミリ、重さ約64グラムというコンパクトなストレート端末。W-OAMに対応したウィルコム端末としては最小・最軽量を実現している。

 “X PLATE”とは、「四隅造形(X)」と「薄い金属板(plate)」からなる造語で、「X=extraなプレート」と「テンプレート=template=ひな形」という2つの意味が掛け合わされている。

 ディスプレイは1.8インチ(128×160ピクセル)の6万5536色TFT液晶を搭載した。連続通話時間は約5.5時間、連続待受時間は約500時間。機能面では、赤外線通信、Eメール/ライトメール、POP3対応のメール、リモートロック、台湾・タイでの国際ローミングに対応する。一方、カメラ、ブラウザ、外部メモリー、Java、Flashプレイヤーは内蔵しておらず、通信も1xパケット方式のみに対応し、外付けモデムとしての利用はできない。

photophoto 本体正面。コンパクトなストレート型なのでキー面積が小さいが、ダイヤルキーに段差のある「テラスシェイプ」を採用しており、キーのタッチ感はおおむね良好だ。カラーはシルバー1色のみで、ターゲット層は男性ビジネスマンが想定されている

photophoto 本体は手の中に収まるほど小さい。ラウンドフォルムなので、ホールド感もよい

photophoto 裏面は非常にシンプルなデザイン。右上にスピーカーを搭載している(左)。左側面にUSB端子と赤外線端子を搭載。右側面には誤操作防止のキーを用意しており、このキーを待受け時に長押しすると、キーロックがかかる。なお、操作中にサイドキーを長押ししても、キーロックはかからない(右)

photo 本体右上にストラップホールがある

現地契約した「PIMカード」が利用可能

photo X PLATEとPIMカード

 X PLATEの大きな特徴は、PHS用のSIMカードである「PIMカード」を挿入することで、中国で通話ができることだ。PIMカードにはPHS回線の契約情報が登録されており、日本で利用する際には不要だが、中国で通話をする際に必要になる。

 このPIMカードは別売で、中国各地の中国電信・中国網通の直営店や一部の携帯電話ショップで購入できる。初期費用込みの価格は50〜100元(800〜1600円)程度で、購入時にはパスポートなど身分証明書の提示および登録が必要。現在のところ、基本的に日本ではPIMカードを購入できないが、「日本国内でもPIMカードをレンタルするサービスを検討中」だという。

現地契約とNTTドコモローミングとの料金
1分あたりの料金 中国現地PHS NTTドコモローミング
時間帯 日中 夜間 終日
市内 3.2円 75円
中国国内 11.2円 6.4円 75円
日本へ 128円 57.6円 175円
着信 無料 145円
PIMカードを利用したX PLATEの通話料の代表例。中国の市内での1分あたりの通話料は3.2円で、ドコモの国際ローミングの75円よりも大幅に安い

 PIMカードを挿入すると電話番号が変わるため、日本で契約した電話番号を現地で利用することはできない。そのため、日本からの電話を中国で受けるには、PIMカードに登録されている電話番号をあらかじめ伝えておく必要がある。

 また、中国で利用できるサービスは基本的に通話のみだが、説明員によると「X PLATE同士、または現地のPIMカード対応PHS端末同士なら、半角英数字のSMSを送受信できる」という。なお、X PLATEは中国語の文字入力はサポートしていない。

photophotophoto PIMカードは本体裏面のスロットに挿入する。形やサイズは3Gケータイで採用されているSIMカードとほぼ同様

photophotophotophoto メインメニューには3×3のアイコンが並ぶ。右上ソフトキーから赤外線通信のメニューを呼び出せる(左端)。壁紙の変更も可能だ(中央左、中央右、右端)

photophoto 日本語変換エンジンには「Advanced Wnn V1」を採用し、予測変換が可能(左)。文字入力後に上キーを押すと、英数カナが変換候補に表示される。数字は「12月」「1月2日」など、時刻の単位が含まれる(右)

photophoto メールの自動振り分けも可能で、送信者/グループ/件名/アカウントから振り分けられる。なお、新サービスの「デコラティブメール」は非対応

photophotophoto アラームは7件が用意されており、一覧からワンタッチでオン/オフを切り替えられる(左)。スヌーズの設定も可能で、1〜5分で間隔を選べる(中央、右)

photophoto カレンダーは1カ月表示が基本(左)。待受画面に表示させることもできる(右)

photophotophoto あらかじめ設定したパスワードを用いて、PCなどからX PLATEを遠隔操作でロックできる「リモートロック」にも対応する

photophoto 時刻の自動補正や定型文・ユーザ辞書の設定も可能

photophotophoto PIMカードの利用設定を行えるメニューもある

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.