ニュース
» 2008年01月28日 11時00分 UPDATE

ワンセグとBluetoothに対応した“全部入り”Cyber-shotケータイ──「W61S」

ドコモに続きauにも“Cyber-shotケータイ”が登場。ソニー・エリクソンの「W61S」は、5メガCMOSと光学3倍ズーム、顔検出AFやスマイルシャッター搭載のカメラ機能に加え、新たにワンセグやBluetoothにも対応した。

[平賀洋一,ITmedia]

 NTTドコモに続き、auにも“Cyber-shotケータイ”が登場――。ソニー・エリクソン・モバイルコミュニケーションズ製WIN端末「Cyber-shotケータイ W61S」は、ソニーのデジタルカメラブランド“Cyber-shot”を冠したデジカメケータイだ。専用機に匹敵するスペックのカメラ機能に加え、auならではの新サービスにも対応する。

photophoto 「Cyber-shotケータイ W61S」。カラーはスペクトラムピンク、プリズムホワイト、シャドウブラックの3色

 基本的なカメラスペックは、ドコモ向けの「S0905iCS」とほぼ同じ。光学3倍ズームレンズと有効511万画素CMOS「Exmor(エクスモア)」、撮影補助用の高輝度LED、手ブレ補正機能などを搭載。被写体となる人物の顔にピントをあわせ、最適な明るさに調整する顔検出オートフォーカス(AF)機能「顔キメLite」や笑顔を検出して自動的に撮影する「スマイルシャッターLite」などに対応する。

 そのほか、EZナビウォーク機能と同梱PCソフトを組み合わせることで、地図の上に写真と撮影地をプロットできる機能や、撮影した画像を簡単な操作でSNSやブログに投稿できるメニュー、ダウンロードした着うた/着うたフルをBGMにしたスライドショーを作成する機能、縮小した撮影画像を本体メモリにバックアップする機能を備えた。

 またW61Sは、auの新サービス「au Smart Sports」に対応し、専用アプリでウォーキングやランニング時などのデータ管理をサポート。ディスプレイはワイドVGA(480×800ピクセル)表示対応の2.8インチ透過型TFT液晶を採用した。またプラットフォームに「KCP+」を採用したことで、LISMOオーディオ機器連携、au one ガジェット、マルチプレイウィンドウなどにも対応する。そのほか、Bluetoothやワンセグ、AV出力など、ドコモの“Cyber-shotケータイ”S0905iCSにはない機能を備えた。

 主なスペックは以下の通り。

機種名 W61S
サイズ(幅×高さ×厚さ) 約50×114×22ミリ(最厚部24ミリ)
重さ 約149グラム(暫定値)
連続通話時間 (検討中)
連続待受時間 (検討中)
アウトカメラ AF付き511万画素CMOS 手ブレ補正機能/高輝度LEDフラッシュ/顔検出AF付き
インカメラ
外部メモリ microSD
メインディスプレイ 2.8 インチワイドVGA(480×800ピクセル)液晶
サブディスプレイ
主な機能 LISMO VIDEO、au Smart Sports 「Run&Walk」、LISMOオーディオ機器連携、au one ガジェット、マルチプレイウィンドウ、Bluetooth、ワンセグ、おサイフケータイ、EZ着うた/着うたフル、EZチャンネルプラス/EZチャンネル、EZナビウォーク、安心/災害時ナビ、EZニュースフラッシュ、EZケータイアレンジ、PCサイトビューアー、オープンアプリプレイヤー、au one My Page、グローバルエキスパート ほか
ボディカラー スペクトラムピンク、シャドウブラック、プリズムホワイト

新機種はいつ発売?と思ったら→「携帯データBOX」
  • 各キャリアの「新機種発売日情報」
  • 未発表の端末情報をお届けする「JATE通過情報」
  • 新機種の売れ筋が分かる「携帯販売ランキング」

携帯データBOXそのほか、各端末情報が一望できる“機種別記事一覧”が新登場〜いますぐパワーアップした携帯データBOXをチェック!
携帯データBOXは、ITmediaモバイルトップページのメニューバー右側からもアクセスできます。


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.