ニュース
» 2008年02月21日 18時13分 UPDATE

ドコモのPC向け定額データ通信、FTPに対応

ドコモは3月以降、PC向け定額データ通信サービスで利用できる通信プロトコルにFTPを追加する。VPN接続に続く緩和策となる。

[ITmedia]

 NTTドコモは3月以降、同社が提供するPC向け定額データ通信サービスで利用可能な通信プロトコルにFTPを追加する。対象となるプランは「定額データプラン HIGH-SPEED バリュー」「定額データプラン HIGH-SPEED」「定額データプラン64Kバリュー」「定額データプラン64K」の4種。

 PC向け定額データ通信の提供にあたりドコモでは、当初トラフィックの増加によるネットワークの圧迫を防ぐため、メールやWebなどの一部のサービスしか利用できないようサービスを制限し、VPN接続やFTP、telnet、SSHなどのプロトコルは利用できなかった。しかし、法人需要に応えるかたちで12月下旬からVPN接続に対応するなど、徐々に定額対象の通信範囲を緩和し始めていた。

関連キーワード

PCデータ定額 | NTTドコモ | データ通信 | FOMA


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう