ニュース
» 2008年03月06日 15時49分 UPDATE

“1日使い放題で630円”プランも──プリペイドデータサービス「EMチャージ」

イー・モバイルが3月25日から、プリペイド方式のデータ通信サービス「EMチャージ」を開始する。1Mバイトあたり63円の従量課金のほか、1日定額、7日定額といったプランも用意する。

[ITmedia]
Photo 「EMチャージ」のロゴ

 イー・モバイルが3月25日から、プリペイド方式のデータ通信サービス「EMチャージ」(イー・エム チャージ)を開始すると発表した。月額基本料は無料で、1Mバイトあたり63円の従量課金となる「スタンダードプラン」のほか、630円で1日(当日の24時まで)利用できる「1日定額」、2205円で7日(申込日を1日目として7日目の24時まで)利用できる「7日定額」といったユニークなプランを提供する。

EMチャージの料金プラン
料金プラン 定額料 期間 データ通信料
スタンダードプラン なし 最終チャージ日から90日 63円/1Mバイト
1日定額 630円 1日(当日の24時まで) 無制限
7日定額 2205円 7日(7日目の24時まで) 無制限

 EMチャージは、使いたいときに使った分だけ料金を支払うサービスで、たまにしか利用しないユーザーが、公衆無線LANサービスのような感覚で利用できるのが特徴。定額料がなく、あらかじめ料金を前払いしておくため、使いすぎてしまうこともない。料金のチャージやプランの変更は、Webサイトで行える。

 対応端末は下り最大7.2MbpsのHSDPA通信に対応する「D02NE」「D02HW」と、3.6MbpsのHSDPAが利用可能な「D01NE」「D01NX」を用意。D02NEとD02HWのイー・モバイルオンラインストア価格は3万3980円、D01NEとD01NXは2万8980円となっている。

 契約事務手数料は2835円で、データ通信料は接続時に積算される。なおデータ通信料が1Mバイトに満たない場合は、1回の接続につき63円が課金される。サービスを利用するためには、189円以上のチャージ残高が必要で、最低残高を切った場合はWebサイトでチャージを行う必要がある。残高の有効期限は最終チャージ日から90日間。

 なおイー・モバイルでは、3月25日から4月30日までの間にEMチャージを契約したユーザーには、「EMチャージデビューキャンペーン」として契約事務手数料2835円を無料とする。また通常端末価格に、1万4000円分のチャージを加えたセットを料金据え置きで提供する。つまり、D02HWを期間中に購入すると、価格は3万3980円だが、1万4000円分の利用料がチャージされている状態になるため、実質負担額は1万9980円となる。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.