ニュース
» 2008年05月08日 08時10分 公開

SprintとGoogle、モバイルサービスでの提携を強化

Sprint加入者は、Google Mobile Search、Google Maps for Mobile、YouTubeなどのサービスを簡単に利用できるようになる。

[ITmedia]

 米Sprint Nextelと米Googleは5月7日、モバイルサービスにおける提携関係を強化すると発表した。GoogleはSprintの優先的なモバイル検索プロバイダーとなり、Google Maps for Mobile、YouTubeなどのサービスをSprintユーザーがより簡単に利用できるようにする。

 今回の提携強化により、Google Mobile SearchはSprintのWeb対応携帯端末のデフォルトの検索エンジンとなる。また年内に発売される一部の機種については、ユーザーがGoogle検索ボックスをホームページ内に設定できるようになる。

 またSprint携帯をGoogle Maps for Mobileに対応させ、加入者が地域情報や道順を検索したり、リアルタイムの交通情報を入手できるようにする。一部の新しい端末ではYouTubeの視聴も可能になるという。これらのGoogleアプリケーションがSprintの携帯電話で利用可能になるのは、今年夏ごろになる予定。

 両社は2006年11月に、SprintポータルのGmail対応を発表。2007年にはSprintがGoogleのAndroid計画参加を表明した。7日には、SprintとClearwireが設立するWiMAXサービスの合弁会社に、Googleが出資するとともに技術面で提携することも発表している。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう