ニュース
» 2008年05月09日 21時44分 UPDATE

PHS&データ通信端末販売ランキング(4月28日〜5月4日):ウィルコムにも“親需要”、データ通信端末は反撃の兆しも (1/2)

ウィルコム端末は下位に“親商戦”需要と思われる小変動、データ通信端末は依然イー・モバイルが好調だが、今回、ウィルコムのデータ通信端末がそろって順位を上げた。

[岩城俊介,ITmedia]

下位に若干の変動、親向け需要か

2008年5月第1週(ウィルコム)
順位 先週順位 メーカー 製品名
1 1(→) 京セラ HONEY BEE
2 2(→) 京セラ WX330K
3 3(→) ケーイーエス 9(nine)+
4 4(→) 東芝 WX320T
5 5(→) シャープ Advanced/W-ZERO3[es]
6 6(→) 京セラ WX320K
7 11(↑) 京セラ WX320KR
8 7(↓) セイコーインスツル X PLATE
9 8(↓) ケーイーエス 9(nine)
10 10(→) ネットインデックス nico+
この記事は、マーケティング会社GfK Japan調べによる全国の家電量販店のPOSデータを集計し、モデル別のランキングで紹介しています。
photo HONEY BEE

 ウィルコムの販売ランキングは、前回と変わらず上位に動きはないものの、下位に若干の変動が見られた。

 首位は「HONEY BEE」が獲得。続いて2位に「WX330K、3位に「9(nine)+」、4位に「WX320T」、5位に「Advanced/W-ZERO3[es]」が入った。

 実質0円効果がどのくらい出るかと期待していたAdvanced/W-ZERO3[es]は、残念ながら変動はなかった。

 今回ランク圏外から7位に順位を上げた「WX320KR」は、WX320Kと基本機能がほぼ同一ながら、幅広い年代のユーザーを対象にラウンドフォルムデザインとベーシックなカラーで展開する端末。音声定額の「ウィルコム定額プラン」などともに“親向け”としての需要が高まったためと考えられる。


 ウィルコムの直販サイト「ウィルコムストア」で公開されている売れ筋ランキング(2008年5月9日現在)は以下の通り。

  • 1位:Advanced/W-ZERO3[es](前回1位)
  • 2位:WX330K(前回2位)
  • 3位:HONEY BEE(前回3位)
  • 4位:WX320T(前回4位)
  • 5位:9(nine)+(前回5位)
       1|2 次のページへ

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.