速報
» 2008年05月13日 23時38分 公開

NTTドコモの「SH705iII」にオーディエンスの音声プロセッサを採用

[ITmedia]

 Audienceは5月12日、人間の持つ聴覚メカニズムを取り入れた同社開発の音声プロセッサ「A1010」が、NTTドコモが4月に発売した携帯電話“SH705iII”に採用されたことを発表した。

 同社は蝸牛から脳幹を通り、視床、皮質に至る人間の聴覚路を研究することにより、複雑に混ざり合った音を分類、処理する科学メカニズムを製品に取り入れることに成功。同音声プロセッサを採用することで、シャープ製のSH705iIIは周囲の人の声や雑音を抑えるノイズリダクション機能、声を強調するエンハンス機能、側音低減によるエコーキャンセル機能を実現した。

 A1010は、雑音の発生源が通話者の周辺環境に存在する場合も、通話の相手側からネットワーク経由で騒音が入ってくる場合も、複数の騒音源を抑制。その結果、ユーザーは騒々しい場所でもクリアな音声コミュニケーションが可能になるという。

関連キーワード

SH705iII | NTTドコモ | シャープ


携帯業界のトレンドを知りたいと思ったら→+D Mobile「業界動向」へ
  • 各キャリアの発表会リポート
  • 国内外の携帯市場動向
  • 通信業界のキーパーソンインタビュー
  • 携帯事業者別シェア/携帯出荷台数
  • 携帯関連の調査リポート記事

携帯業界のトレンドや今後を把握するのに必要な記事だけを集めたのが“+D Mobile 業界動向”。記事はトピックや連載ごとにアーカイブされ、必要なときにまとめてチェックできます。
今すぐアクセス!


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう