ニュース
» 2008年05月14日 01時20分 UPDATE

“オープンなインターネット”をいつでもどこでも――他にはない「X02NK」の魅力とは

ノキアのX02NKは、オープンなインターネットの醍醐味を味わえる“日本の端末にはない”魅力を備えた端末だ。PCのトレンド機能をいつでもどこでも利用でき、“家に帰ればできる”“PCならできる”といった制約からユーザーを解放するという。

[後藤祥子,ITmedia]
Photo オープンなインターネットを楽しめるノキア製の「X02NK」。「つながる、ひろがる、オモシロがる」というキャッチコピーでデビュー

 「つながる、ひろがる、オモシロがる」――。こんなキャッチコピーで登場したのが、ソフトバンクモバイルのノキア製端末「X02NK」だ。

 ノキアが海外でリリースしている「N95」をベースに開発されたこのモデルは、オープンなインターネットを楽しむための多彩な機能を搭載し、それをパケット定額プランで楽しめるのが大きな特徴。撮った写真をワンクリックで「mixi」や「Vox」に投稿できるシェアオンライン、コンテンツの検索からダウンロード、再生までをX02NK単体で行えるポッドキャスト機能、AAC、MP3、WMA(Windows Media DRM)の再生に対応するミュージックプレーヤー、世界で使えるGPSナビ機能、JavaScriptやRSSフィードに対応したSafariベースの携帯向けのPCサイトブラウザ、無線LANとキャリア網のいずれの通信環境下でも利用できるVoIPなどが用意され、日本の端末では味わえない楽しみを提供してくれる。

 メディア向けに開催された説明会で、ノキア・ジャパン デバイスGTMシニアマネージャの大塚孝之氏は、この端末のコンセプトについて「(ユーザー参加型メディアの)CGMをいかに充実した形で楽しんでいただけるかに注力した」と説明。音楽プレーヤーやデジタルカメラ、携帯電話、ナビなどの便利なハイテク機器が1つに集約され、それに通信が加わったX02NKが、新たな携帯電話の楽しみ方を提案できるとした。

 「最近では、“出かける前に周到に準備する”というよりも、“出かけてから考える”ことが増えている。N95があれば、例えば“高田馬場でラーメン屋を見つけよう”“だれかブログでおススメの店を書いてないか”“どの店がおいしいか”“おいしかったから写真を撮ってmixiにアップしよう”という一連のすべての操作をこの中で実現できる。今までの“家に帰ればできる”ことや、“PCならできる”ことが、出先でも時間や場所を選ばずできるようになるのが、この端末の大きな特徴」(大塚氏)

 X02NKのベースとなるN95はすでに海外市場に投入されており、その販売台数は全世界で700万に達している(2007年末時点)。ノキア・ジャパンのタイラー・マクギー社長は、N95を購入したユーザーが従来端末を利用するユーザーに比べて、約2倍の時間を携帯電話の利用に費やすようになったというデータを紹介し、「N95の登場で、全世界のユーザーの行動パターンが変わったと言われている」と胸を張った。

sa_nk17.jpgPhoto YouTubeやmixi、Google、flicker、ポッドキャストといったPCのトレンドサービスだけでなく、音楽やゲーム、ムービー、写真も1つの端末で楽しめるのがX02NKの魅力だ

ターゲットは新たな情報とテクノロジーに敏感な“テクノロジースタイリスト”

Photo ノキア・ジャパンのタイラー・マクギー社長

 ノキアがX02NKのターゲットとするのは、情報に敏感で、新たなテクノロジーを積極的に取り入れる社会人や学生。携帯電話に関心が高く、積極的にものごとを楽しむことに価値観を見出す人を取り込みたい考えだ。こうした層をノキアでは“テクノロジースタイリスト”と名付けている。

 「テクノロジースタイリストは、他の人が持っていないユニークな端末を持ちたがる傾向があり、ボディカラーもこうした層の趣味に合う3色をラインアップしている。色は日本でマーケティングを重ねた上で選んでおり、特にホワイトは日本の要望に応えて(N95としては)初めて日本でリリースした特別な色」(マクギー氏)

 携帯電話としての使い勝手と、マルチメディアプレーヤーとしての使い勝手を1つの端末で両立させた「デュアルスライド」も、トレンドセッターの興味を引きそうだ。X02NKは、上にスライドさせるとテンキー、下にスライドさせると音楽やムービーなどを操作するためのキーが現れる仕組み。メディア操作用のキーが出ているときには画面が自動で横表示に切り替わり、いちいちメニューをたどって操作することなく、横長画面でムービーを視聴できる。「(縦表示も横表示も)同じ2.6インチの画面だが、横で使うと心地よい広さになる」(大塚氏)

 さらに家電やPC、モバイル機器間でマルチメディアデータを相互利用するための規格として策定されたDLNAにも準拠しており、会場では無線LAN経由で端末内の写真を、プレイステーション 3に接続したテレビに表示するデモも披露された。

 大塚氏は、「モバイルでもユーザーがインターネットを生活の中に取り込んで利用しやすい環境が整ってきた」といい、ユーザー参加型のサービススペースとユーザーを、使い勝手の中でつなげていくのがX02NKの役割だとアピールした。

sa_nk12.jpgPhoto ターゲット層と利用イメージ。X02NKはソフトウェアを追加してカスタマイズできるのも特徴の1つで、BBソフトサービスが28タイトルのソフトを販売中。Symbianの署名入りアプリもインストールできる


sa_nk14.jpgsa_nk16.jpgPhoto

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.