レビュー
» 2008年05月23日 00時30分 UPDATE

「Cyber-shotケータイ W61S」の“ここ”が知りたい(1):内蔵フォントはどこまでキレイ?――「Cyber-shotケータイ W61S」

カメラ機能に目がいく「Cyber-shotケータイ W61S」だが、KCP+を採用したソニー・エリクソン製の“ほぼ全部入り”モデルという点でも注目が集まっている。まずは、どこまでVGAフォントに対応しているのかをチェックした。

[田中聡(至楽社),ITmedia]
yo_w61s0a_02.jpgyo_w61s0c_02.jpg ソニー・エリクソン製の「Cyber-shotケータイ W61S」

質問:VGAフォントはどこまで対応しているか

 ソニー・エリクソン・モバイルコミュニケーションズ製の「Cyber-shotケータイ W61S」は、480×800ピクセルのワイドVGA液晶を搭載しており、撮影した写真を精細に表示できる。このワイドVGA液晶では、メールやWebなどのフォントもきれいに表示できるのか、という質問が多数寄せられた。

 確認したところ、アドレス帳、カメラ、メール、データフォルダ、カレンダー、アラーム、PCサイトビューアー、データフォルダ、機能/設定などにはVGA用のフォントが適用されており、文字が滑らかに表示される。ただし、EZweb(ケータイサイト全般)、LISMO Player、au Media TunerではQVGA用のフォントが使われているようだ。

 EZアプリについては、EZナビウォークやEZ助手席ナビなどの地図ソフトではVGAフォントだが、EZニュースフラッシュ、オープンアプリプレイヤー、Run&Walk、カメラでケンサク!ERサーチ、au one カレンダー、Gガイド番組表リモコン、モバイルSuicaなどはQVGA用フォントのままだった。

photophotophoto メールの文字は「大」「やや大」「中」「やや小」「小」の5段階で変更でき、「小」では1画面に最大560文字を表示できる。写真は左から「大」「中」「小」。なお、本文閲覧画面で0キーを長押しすると、文字サイズが拡大される(「大」サイズ設定時に0キーを押すと「小」サイズになる)

photophotophoto メインメニューや、その下の階層のメニュー画面にはVGA用のフォントが使われている

photophotophoto EZナビウォークにも高精細なフォントや地図が採用されている

photophotophoto EZweb、LISMO Player、一部のEZアプリはVGA用のフォントは使われておらず、文字のジャギー(ギザギザ)が目立つ

質問:ドキュメントビューアは内蔵しているか

 Cyber-shotケータイ W61Sは、WordやExcelファイルなどを閲覧できる「ドキュメントビューア」に対応しているのか、という質問が寄せられた。Cyber-shotケータイ W61Sはドキュメントビューアには非対応。試しにExcelファイルをPCから端末あてにメール送信してみたが、ファイルを開いたり保存することはできなかった。

 Cyber-shotケータイ W61Sでドキュメントファイルを閲覧するには、月額105円の「EZドキュメントビューアー」を利用するか、テキスト情報のみなら「モバイルGmail」を利用すればよい。

photophoto Cyber-shotケータイ W61Sでドキュメントファイルを受信しても、閲覧できない

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.