調査リポート
» 2008年06月11日 19時27分 UPDATE

30代既婚者の約半数が“帰るメール”

アイシェアが、家族への連絡に関する意識調査の結果を発表。勤務後に「今から帰る」という連絡をしているのは既婚者が約6割、未婚者が約4割。30代の既婚者は、他の世代を上回る約5割が「帰るメール」を送信している。

[ITmedia]

 アイシェアは6月10日、家族への連絡に関する意識調査の結果を発表した。調査は5月27日から同29日まで、同社が提供するサービスの会員を対象に行ったもので、有効回答数は474人。

 直近一週間での家族への連絡手段について「電話とメールどちらが多いか」を調査したところ、「電話」が41.4%、「メール」が43.2%と大きな差は見られなかった。しかし男女別で見ると、男性では39.6%と電話より低いのに対し、女性では47.7%で電話よりメールが10ポイント上。また年代別では、20代で38.2%、30代で41.9%、40代で47.0%と、年代があがるにつれてメールでの連絡が多くなっている。未婚・既婚者別で見ると、既婚者では56.1%、未婚者は30.2%がメール派。男性よりも女性、若者よりも中高年、未婚者より既婚者の方が、「家族への連絡はメール」派の比率が高い。

 仕事が終わったら家族や恋人に「今から帰る」という連絡をしている回答者の割合は、既婚者では61.1%、未婚者では39.1%。既婚者を年代別に見ると、20代、40代では半数近くが「今から帰る連絡をしない」と答えているのに対し、30代では約7割が「する」と回答した。また30代既婚者は、他の世代を上回る51.4%が「今から帰るメール」をしていると答えている。

関連キーワード

中高年 | 子供 | 中高生


携帯業界のトレンドを知りたいと思ったら→+D Mobile「業界動向」へ
  • 各キャリアの発表会リポート
  • 国内外の携帯市場動向
  • 通信業界のキーパーソンインタビュー
  • 携帯事業者別シェア/携帯出荷台数
  • 携帯関連の調査リポート記事

携帯業界のトレンドや今後を把握するのに必要な記事だけを集めたのが“+D Mobile 業界動向”。記事はトピックや連載ごとにアーカイブされ、必要なときにまとめてチェックできます。
今すぐアクセス!


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう