速報
» 2008年06月12日 23時51分 UPDATE

富士通、「F1100」にTIのアプリケーションプロセッサOMAP2430を採用

[ITmedia]

 日本テキサス・インスツルメンツは6月12日、同社の「OMAP2430」アプリケーションプロセッサが、富士通製のWindowsケータイ「F1100」に採用されたことを発表した。

 富士通製のF1100は、OSにWindows Mobile 6 Standardを採用し、FOMAハイスピード(HSDPA)および無線LAN(IEEE802.11a/b/g準拠)による通信が可能なスマートフォン。“普通のケータイ風”のスライドボディは厚さ16.9ミリ。既存のケータイユーザーが慣れた操作で利用できるよう、ダイヤルキーにはテンキーを採用し、待受画面も一般的な携帯に近い独自画面に設定できる。

 同端末にはまた、TIの『BlueLink』Bluetoothソリューションおよび『WiLink』Wi-Fi (a/b/g)ソリューションも同時に採用されている。

携帯業界のトレンドを知りたいと思ったら→+D Mobile「業界動向」へ
  • 各キャリアの発表会リポート
  • 国内外の携帯市場動向
  • 通信業界のキーパーソンインタビュー
  • 携帯事業者別シェア/携帯出荷台数
  • 携帯関連の調査リポート記事

携帯業界のトレンドや今後を把握するのに必要な記事だけを集めたのが“+D Mobile 業界動向”。記事はトピックや連載ごとにアーカイブされ、必要なときにまとめてチェックできます。
今すぐアクセス!


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう