レビュー
» 2008年06月18日 02時00分 UPDATE

「Cyber-shotケータイ W61S」の“ここ”が知りたい(3):もっさりしてる?――「Cyber-shotケータイ W61S」

KCP+対応機種の“ほぼ全部入り”機種として注目の「W61S」。今回は、キーの反応速度やカメラの起動速度、スライド連動機能など、操作性を中心に調べた。

[田中聡(至楽社),ITmedia]
yo_w61s0a_02.jpgyo_w61s0c_02.jpg ソニー・エリクソン製の「Cyber-shotケータイ W61S」

質問:キーの反応速度はどうか

 新プラットフォームの「KCP+」に対応したau端末は、全体的にキーレスポンスが遅くなってしまった印象があるが、「W61S」ではどうだろうか。待受画面からメインメニュー、メールメニュー、メモメニュー、アドレス帳、アプリ一覧を呼び出してみた。

 [メール]キーからメールメニュー→受信ボックス→メインフォルダと開く場合では、画面の切り替わりが少々もたついたが、ストレスを感じるほどではない。また、上下キーを押しっぱなしにしたときの連続カーソル移動はそこそこ高速だ。文字入力時に変換候補が表示される速度もおおむねスムーズだった。ただ、こうした印象は個人差があるので、動画で実際の動きを判断していただきたい。

Get Macromedia FLASH PLAYER 主に待受画面から呼び出せる機能の起動速度やカーソルの移動速度をチェックした

(このムービーをご利用いただくにはFLASHプラグイン(バージョン8以上)が必要です。ムービーはこちらからでも参照できます)

質問:カメラは素早く起動するか

 ハイスペックなカメラ機能を持つモデルだけあり、カメラをどれだけ素早く起動できるかについての質問も寄せられた。W61Sはサイドの[カメラ]キーを短押しすると静止画カメラが、長押しすると動画カメラが起動する。今回は使用頻度の高いと思われる静止画カメラの起動速度について調べた。

 側面の[カメラ]キーでカメラ(壁紙モード)を起動し、メニューアイコンがすべて表示されるまでの時間をストップウォッチで3回計測したところ、起動に要した時間は平均5.4秒だった。「サッと取り出してすぐに撮影する」というケータイカメラに求められる使用スタイルを考えると、もう少し速くてもよかったかな、という印象だ。

Get Macromedia FLASH PLAYER 側面の[カメラ]キーを押してカメラが起動し、メニューアイコンが表示されるまでの速度を測った

(このムービーをご利用いただくにはFLASHプラグイン(バージョン8以上)が必要です。ムービーはこちらからでも参照できます)

質問:「どこでもキーロック」には対応しているか?

 従来のソニー・エリクソンのスライド端末では、待受以外でもキーロックをかけられる「どこでもキーロック」が利用できた。この機能はW61Sにも継承されており、待受時はもちろん、それ以外の操作中でもロックキーを操作すると、キーロックがかかる。

 このキーロックは、スライドを開くと一時的に解除され、閉じると再びロックされる。スライドを閉じた状態でロックキーを操作すると、完全に解除される。

photo キーロックがかかると、画面下にロックキーやカギのアイコンが表示される

質問:スライド連動機能は搭載されているか

 スライドケータイの中には、着信時に本体を開いて応答したり、メール受信時に本体を開いて返信メール作成画面を呼び出すなど、スライドの開閉と連動した機能を備えたモデルが多い。W61Sには、残念ながらスライド連動機能は搭載されていない。

質問:どの機能がテレビ出力できる?

 付属のTV出力ケーブルを利用すれば、W61Sで撮影した静止画を「フォトビューアー」または「音フォト」からテレビなどに出力できる。音フォトでは、着うたフルやプリセットBGMなどの音声も再生可能だ。動画やワンセグなど、そのほかのコンテンツは出力できない。また、「データフォルダ」から静止画を出力することもできなかった。

photophotophoto 製品に付属するTV出力ケーブル(写真=左)。W61Sの平形ヘッドフォン端子に接続する(写真=中央)。接続したまま卓上ホルダに乗せることもできる(写真=右)

photophoto フォトビューアーから静止画をテレビ出力。これは縦向きに撮影した写真を出力させたもので、ケータイを回転させると写真の向きも回転する

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.