ニュース
» 2008年07月15日 15時10分 UPDATE

KDDI、ワイヤレスジャパンに「サザンケータイ」や法人ソリューションなどを出展

KDDIが7月15日、ワイヤレスジャパン2008の出展概要を発表した。社長兼会長の小野寺正氏が基調講演に登壇するほか、ブースでは最新端末やサービス、技術などの幅広い展示を行う。

[ITmedia]

 KDDIは7月15日、来週7月22日から24日に東京ビッグサイトで開催される通信とモバイルの総合イベント「ワイヤレスジャパン2008」の出展概要を発表した。

 開催2日目の7月23日には、基調講演に代表取締役社長兼会長の小野寺正氏が登壇。「KDDIの拓くFMBCの世界」をテーマに講演を行う。

 会場内のKDDIブースには、スポーツや映像、音楽といったテーマに注力して開発したauの2008年夏モデルを展示するほか、「フルチェンケータイ re」の特別モデル「サザンケータイ」、「au Smart Sports」や「フルチェン」サービス、7月からサービスを開始する「じぶん銀行」などの展示を行う。

 また法人向けのモバイルソリューションとして、マイクロソフトのOutlookの機能をPCとau携帯電話からシームレスに利用できる「KDDI Business Outlook」などのSaaSソリューションや、KDDI通信モジュールを使ったデモなども行う予定だ。

 そのほかKDDI研究所などを中心に開発を進めているIPネットワーク経由の「ワンセグエリア放送システム」、最大1Gbpsでの通信が可能な高速赤外線通信技術、独自の方式でセキュリティを高めた「モバイル向け情報漏えい防止技術」の展示や、CSRの一環として取り組んでいる「EZ安心アクセスサービス」「ジュニアケータイ」「緊急地震速報」「災害時ナビ」などを紹介するコーナーも設ける。

 KDDIが主導権を握って設立した、モバイルWiMAXを推進するUQコミュニケーションズも、2009年夏の商用サービス開始に向けた取り組みを公開する。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう