ニュース
» 2008年07月18日 22時06分 UPDATE

携帯販売ランキング(7月7日〜7月13日):ケータイショップに「iPhone 3G」旋風 (1/3)

7月11日に夏モデルの目玉製品「iPhone 3G」が発売。この期待の新機種は予想通りの動きをしてくれた。一方、ドコモも夏モデルが好調で、ランキングすべてを新機種で占める結果になった。

[岩城俊介,ITmedia]
順位キャリア総合
1(-)iPhone 3G(16Gバイト)(ソフトバンクモバイル)
2(1)P906i(NTTドコモ)
3(3)N906iμ(NTTドコモ)
4(2)SH906i(NTTドコモ)
5(4)W61CA(au)
6(-)iPhone 3G(8Gバイト)(ソフトバンクモバイル)
7(6)N706i(NTTドコモ)
8(5)Woooケータイ W53H(au)
9(8)AQUOSケータイ W61SH(au)
10(7)W61P(au)
順位NTTドコモau(KDDI)ソフトバンクモバイルイー・モバイル
1(1)P906i(1)W61CA(-)iPhone 3G(16Gバイト)(1)D02HW
2(3)N906iμ(2)Woooケータイ
W53H
(-)iPhone 3G(8Gバイト)(2)D02NE
3(2)SH906i(4)AQUOSケータイ
W61SH
(2)AQUOSケータイ
923SH
(3)D03HW
4(4)N706i(3)W61P(11)THE PREMIUM WATERPROOF
824SH Elegant Line
(5)H11HW
5(5)F906i(5)W61SA(1)820P(4)H11T
6(-)SH706i(6)W61T(4)821SC(6)D01NXII
7(6)F706i(7)フルチェンケータイre(3)812SH(7)EMONSTER
8(16)SO706i(8)簡単ケータイ
A5528K
(10)821T(8)EM・ONEα
9(7)N906i(9)W61H(7)920P(9)D01NX
10(8)SH906iTV(10)W62S(12)FULLFACE 2 921SH(10)D01NE

この記事は、マーケティング会社GfK Japan調べによる全国の家電量販店のPOSデータを集計し、モデル別のランキングで紹介しています。(2008年7月第2週)

706iシリーズ、SH706iとSO706iもランクイン──TOP10はすべて夏モデルに

Photo SH706i

 ドコモ端末の販売ランキングは今回、2008年夏モデルで埋め尽くされた。

 首位は前回と変わらず、パナソニック モバイルコミュニケーションズ製の「P906i」が獲得。連続首位記録を「7」に伸ばしたが、キャリア総合では「iPhone 3G」の16Gバイトモデルに敵わず、2位に甘んじた。

 続いて2位にNEC製の「N906iμ」(前回3位)、3位にシャープ製の「SH906i」(前回2位)、4位にNEC製の「N706i」(登場2週目)、5位に富士通製の「F906i」が入った。906iシリーズは、今回2位と3位のN906iとSH906iが抜きつ抜かれつの激しい争いを続けている。

 今回は7月11日に発売されたシャープ製の「SH706i」が初登場で6位にランクイン、7月4日発売のソニー・エリクソン・モバイルコミュニケーションズ製「SO706i」も発売2週目で8位に上がった。

 706iシリーズの新機種が頭角を現し、長期でランクインしていた「らくらくホンIV」(割賦販売対象のらくらくホンIVS含む)をランク圏外に追いやった格好という感じだろうか。今回は906iシリーズ6機種、706iシリーズ4機種の6月以降に発売された2008年夏モデルだけで占めた。

 2007年11月に導入したバリューコースと割賦販売制度により、ドコモ端末は新機種の発売とともに売れ筋が速やかに移る動きに変化したが、今回の夏モデルは発表から発売まで他社より先手で展開する戦略とした効果がこのランキングからも見てとれる。

 ちなみに今回ランキングから姿を消したらくらくホンシリーズは、8月に新機種「らくらくホンV」の投入で巻き返しを図る。9月の敬老の日需要に向け、こちらも発売早々に人気が出ると予想される。

       1|2|3 次のページへ

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう