調査リポート
» 2008年08月01日 07時00分 UPDATE

3割超が「ケータイを持ち歩いていないと、かなり不安」

ネットエイジアが、“ケータイ依存”に関する実態調査の結果を発表。「ケータイを持ち歩いていないと不安」という回答は8割近くに達し、「かなり不安」という回答も3割にのぼった。

[ITmedia]

 ネットエイジアは7月31日、「ケータイ依存」に関する実態調査の結果を発表した。調査は7月24日から同28日まで、20歳から49歳までのケータイユーザーを対象に行ったもので、有効回答数は435人。

 普段「ケータイを持ち歩いていないと不安か?」という質問をしたところ、「かなり不安」と回答した人が32.9%、「少し不安」な人が44.4%と、合わせて77.3%が「不安」と回答した。年代別に見ると「不安」と回答した比率が高いのは、30代で78.7%、次いで20代77.7%、40代は74.8%だった。

 また「もしケータイを持たずに外出した場合、どうするか」を聞いたところ、「状況によってケータイを取りに戻る」との回答が74.3%、「そのままにする」は18.4%、「何があってもケータイを取りに戻る」は7.4%となった。なお年代別に見ると、「何があってもケータイを取りに戻る」という回答は、30代が9.6%と他の年代に比べ割合が高くなっている。

 特別な用事がなくても、ケータイを利用したり触れたりすることを「よくする」割合は38.9%、「ときどきする」が41.8%だった。その理由を複数回答形式で聞いたところ、「何となく」が40.2%、「くせになっている」が34.5%、「他にすることがないから」が30.2%、「何となく安心するから」が13.4%だった。

 どのようなことをしているのかについては、「メールチェック」が最も多く74.6%、次いで「ネット閲覧」が60.1%と多くなっている。このほか「メール作成、送信」が39.3%、「ゲーム」が35.9%、「画像、動画を見る」が23.4%、「音楽を聞く」が16.0%、「ワンセグ視聴」が11.7%の順だった。

 自分が「ケータイ依存(またはそれに近い)か」どうかを聞いたところ、「思う」と回答したのは全体では22.3%だった。20代では35.4%、30代では18.0%、40代で15.0%。キャリア別に見ると、NTTドコモユーザーが18.9%と低く、auユーザーが24.2%、ソフトバンクユーザーでは32.6%と他キャリアに比べ高い比率となっている。

 ケータイ依存だと思う理由を自由回答で聞くと、「携帯を触っていないと落ち着かない」「携帯電話が傍に無いと何か物足りない」「携帯で何かをしている時間が多いから。また、勉強をしている時でも机の上に携帯を置いているから」「連絡がすぐには取れなくて、迷子になったような不安がある」といった理由が挙げられた。なお身近な人から「ケータイ依存またはそれに近いことをいわれたことがある」割合は15.6%。身近な人からもケータイ依存といわれ、かつ自分でも自覚している人の割合は10.6%となった。

 ケータイは自分自身にとって「何のための道具か」という質問には、最も多かったのは「コミュニケーションするための道具」という回答で29.9%、次いで「メールするための道具」が21.8%だった。3位以下は「何でもできる万能な道具」が14.9%、「話すための道具」が14.5%、「生活するため、絶対なくてはならない道具」が9.0%、「遊べる道具」が3.2%となっている。

関連キーワード

不安 | コミュニケーション | 携帯電話


携帯業界のトレンドを知りたいと思ったら→+D Mobile「業界動向」へ
  • 各キャリアの発表会リポート
  • 国内外の携帯市場動向
  • 通信業界のキーパーソンインタビュー
  • 携帯事業者別シェア/携帯出荷台数
  • 携帯関連の調査リポート記事

携帯業界のトレンドや今後を把握するのに必要な記事だけを集めたのが“+D Mobile 業界動向”。記事はトピックや連載ごとにアーカイブされ、必要なときにまとめてチェックできます。
今すぐアクセス!


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう