調査リポート
» 2008年08月27日 07時06分 UPDATE

ケータイゲームの利用経験、10代から30代は9割超

MMD研究所がケータイゲームの利用動向に関する調査結果を発表。10代から30代のケータイゲーム経験率は9割に達し、空いた時間に手軽に遊べるテーブルゲームの人気が高い。

[ITmedia]

 MMD研究所は8月26日、「第2回 携帯ゲームに関する利用動向調査」の結果を発表した。調査は8月1日から同7日まで、インタースコープが運営する“モンキータウン”など計15社、16携帯サイトの協力をうけて実施したもので、有効回答数は2040人。

 同調査によれば、携帯電話でゲームをしたことがある人は90.6%、経験のない人は9.4%と、圧倒的に携帯ゲーム利用経験者が多かった。年代別では10代から30代前半の利用経験率が9割以上となっている。

 携帯電話でのゲーム経験者を対象に、携帯電話でよく利用するゲームジャンルを聞いたところ、「トランプ・麻雀等のテーブルゲーム」が45.7%と最も多く、「ロールプレイングゲーム」が35.6%、「脳を鍛える系のパズルゲーム」が35.1%と続いた。男女別で見ると、上位3位は男女ともにジャンルに変動はなかったが、3位以降、男性では「ギャンブル系ゲーム」「スポーツゲーム」が、女性では「育成シュミレーションゲーム」「恋愛シュミレーションゲーム」が挙げられた。

 

 携帯電話でゲームをしたことがある人を対象に、この1カ月間でもっとも利用時間が長いゲームの種類を調査したところ、「携帯電話」が61.8%で最多。以下「ポータブルゲーム機」が15.0%、「据え置きゲーム機」が12.2%、「PC」が11.0%と続いた。年代別では、10代から30代は「携帯電話」という回答が約6割なのに対し、40代以上は7割以上という結果が得られた。

 今後の携帯電話での利用意向を調査したところ、「今後携帯電話でゲームをしようと思う」が77.9%、「今後携帯電話でゲームをしようとは思わない」が22.1%となった。男女別では、男性より女性の方が、今後の利用意向が高かったという。

携帯業界のトレンドを知りたいと思ったら→+D Mobile「業界動向」へ
  • 各キャリアの発表会リポート
  • 国内外の携帯市場動向
  • 通信業界のキーパーソンインタビュー
  • 携帯事業者別シェア/携帯出荷台数
  • 携帯関連の調査リポート記事

携帯業界のトレンドや今後を把握するのに必要な記事だけを集めたのが“+D Mobile 業界動向”。記事はトピックや連載ごとにアーカイブされ、必要なときにまとめてチェックできます。
今すぐアクセス!


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう