ニュース
» 2008年08月27日 15時26分 UPDATE

GoogleとAppleのケータイ戦略を読み解く――書籍「グーグルvsアップル ケータイ世界大戦」

通信インフラの高速化や端末の多機能化が進む中、携帯電話市場に新たなプレーヤーの参入が相次いでいる。中でも注目なのが、携帯音楽プレーヤー市場のトップを走るAppleと、インターネット市場で成功を収めたGoogleだ。この2つの企業は既存のケータイ業界にどんな影響を与えるのか――。それを解説するのが本書だ。

[ITmedia]
Photo 書籍「グーグルvsアップル ケータイ世界大戦」

 通信インフラの高速化や端末の多機能化が進む中、携帯電話市場は国内外ともに新たなフェーズを迎えようとしている。PCや家電、インターネット分野で成功をおさめたプレーヤーの参入が相次ぎ、携帯電話に新たな付加価値をもたらすプラットフォームやサービス基盤の導入に向けて動き始めているのだ。

 中でも注目を集めているのが、iPodシリーズの成功で携帯音楽プレーヤー市場のシェアトップに躍り出たAppleと、インターネット分野で急成長を遂げたGoogleの参入だ。AppleはMac OS Xをベースとした革新的なスマートフォン「iPhone」の投入で携帯電話市場における存在感を急速に高めており、GoogleはLinuxベースのアプリケーションプラットフォーム「Android」の提供で、キャリアやメーカーの“しがらみ”にとらわれないオープンな環境を携帯電話の世界にもたらそうとしている。

 この新たなプレーヤーが抱くビジョンと具体的な戦略、携帯電話市場に及ぼす影響を解説するのが、通信ジャーナリスト 石川温氏の新著「グーグルvsアップル ケータイ世界大戦 AndroidとiPhoneはどこまで常識を破壊するのか」(技術評論社刊、1480円)だ。

 Apple、Googleの戦略分析にとどまらず、ブランド力を武器に日本市場向け端末を続々と投入する海外メーカーの動向や携帯向けプラットフォームの動向、キャリアのビジネスモデルの今後、転換期を乗り切るための端末メーカーの戦略などを幅広く取材し、国内外のケータイ市場の“今とこれから”について考察している。

携帯業界のトレンドを知りたいと思ったら→+D Mobile「業界動向」へ
  • 各キャリアの発表会リポート
  • 国内外の携帯市場動向
  • 通信業界のキーパーソンインタビュー
  • 携帯事業者別シェア/携帯出荷台数
  • 携帯関連の調査リポート記事

携帯業界のトレンドや今後を把握するのに必要な記事だけを集めたのが“+D Mobile 業界動向”。記事はトピックや連載ごとにアーカイブされ、必要なときにまとめてチェックできます。
今すぐアクセス!


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう