ニュース
» 2008年09月26日 02時29分 UPDATE

「Android」利用も想定――W-SIM+ARM11+1GバイトSSD搭載のパネルコンピュータ開発キット

アットマークテクノは、タッチパネルパネルコンピュータの開発キット「Armadillo-500 FX 開発セット」を発表した。「Android」利用も想定しているほか、W-SIMスロットを搭載しPHS通信/通話も行える。

[平賀洋一,ITmedia]

 アットマークテクノは9月25日、タッチパネルディスプレイを搭載した組み込みプラットフォーム「Armadillo-500 FX 開発セット」(アルマジロ-500 エフエックス開発セット:A542701-D00Z」を発売すると発表した。

photo 「Armadillo-500 FX 開発セット」(A542701-D00Z)

 Armadillo-500 FX 開発セットは、カラオケリモコンやPOS、ハンディ端末などのポータブル機器から、コンビニエンスストアの情報端末、デジタル複合機、駐車場の精算機など、タッチパネル操作が可能な独自端末(パネルコンピュータ)を容易に開発できるセット。同社の高性能小型CPUモジュール“Armadillo-500”をベースにした「FX ボード」を中核に、ユーザインタフェースと外部インタフェースを提供するインタフェースボードの2つから構成され、カスタマイズ開発に役立つ回路図などのハードウェア設計資料も添付されている。

 ディスプレイとして5.7インチタッチパネル対応のVGA表示TFT液晶を搭載し、アプリケーションプロセッサにARM11コアを搭載したFreescale社製の「i.MX31」を採用した。メモリは、128MバイトのDDR SDRAMと32MBのフラッシュメモリに加え、ストレージとしてIntel製の1GバイトSSDを内蔵。そのほか、USB2.0端子(High Speed対応)やオーディオ入出力端子、LAN端子、SDメモリーカードスロット(SDIO規格対応)、操作用の24ボタンを用意。ウィルコムのPHSモジュールを使った通話と通信を可能とするW-SIMモジュールも備える。

 セットは標準OSとしてLinuxを採用しており、製品にはすべてのソースコードが付属。またアットマークテクノは今後、Googleのケータイ向けソフトウェアプラットフォーム「Android」の正式版公開を待ち、セット標準のプラットフォームとして採用することも検討しているという。

photo Armadillo-500 FX 開発セットの構成

 Armadillo-500 FX 開発セットの価格は12万8100円で、10月31日発売。なお、9月30日よりアットマークテクノの直販サイトで先行予約を受け付ける。また、幕張メッセで開催される「CEATEC JAPAN 2008」において、WILLCOM コアモジュールフォーラムブース(ホール4/No.4B34)およびコアスタッフブース(ホール8/No.8K29)で実機を展示する。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.