ニュース
» 2008年10月09日 15時52分 UPDATE

ドコモ、既存のiモードフィルタユーザーにもブラックリスト適用――2月下旬から

NTTドコモは、iモードフィルタの既存ユーザーに対するサービス内容を、2月下旬から変更すると発表した。保護者からの申し込みがない場合は、EMAの認定基準に準拠したiモードフィルタに順次移行する。

[ITmedia]

 NTTドコモは2月下旬から順次、iモードフィルタの既存ユーザーに対するサービス内容を変更すると発表した。保護者からの申し込みがない場合は、EMA(モバイルコンテンツ審査・運用監視機構)が認定するサイト・カテゴリ基準を反映したiモードフィルタに移行する。

 ドコモは1月9日から、iモードフィルタの新規申し込みユーザーを対象に、EMAの認定基準に準拠したiモードフィルタの提供を開始。既存ユーザーについては2008年11月から、新基準のフィルタについて利用意向の確認を進め、「変更不要」の申し込みがなければ2月下旬以降、順次フィルタ内容を変更する。

 EMAは10月9日時点で、「モバゲータウン」「en高校生」「大集合NEO」「gumi」「GREE」「MySpaceモバイル」「魔法のiらんど」を健全サイトに認定しており、新たな基準のiモードフィルタを利用すれば、認定サイトにもアクセスできる。

 なお、既存のiモードフィルタ利用者でも、1月9日以降ドコモショップに申し込むことで、1月9日から新基準のiモードフィルタを利用できる。

携帯業界のトレンドを知りたいと思ったら→+D Mobile「業界動向」へ
  • 各キャリアの発表会リポート
  • 国内外の携帯市場動向
  • 通信業界のキーパーソンインタビュー
  • 携帯事業者別シェア/携帯出荷台数
  • 携帯関連の調査リポート記事

携帯業界のトレンドや今後を把握するのに必要な記事だけを集めたのが“+D Mobile 業界動向”。記事はトピックや連載ごとにアーカイブされ、必要なときにまとめてチェックできます。
今すぐアクセス!


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう