ニュース
» 2008年10月30日 15時29分 UPDATE

日本版OMNIAはワンセグ搭載の日本オリジナル、8Gバイトメモリ+5Mカメラも搭載──「930SC OMNIA」

Samsung電子製の「930SC OMNIA」は、全面タッチパネルの薄型ボディにタッチUI、5Mカメラなど海外版OMNIAの特徴そのままに、ワンセグや独自OS、絵文字対応など日本市場向け仕様としたハイエンドケータイとして登場する。

[岩城俊介,ITmedia]
photo Samsung電子製の「930SC OMNIA」

 日本版OMNIAは日本独自仕様で登場──。Samsung電子製の「930SC OMNIA」は、全面タッチパネルの薄型ストレートボディと指で操作できるタッチUI“TouchWiz UI”、待受ウィジェット機能、515万画素の顔認識対応オートフォーカス(AF)カメラ、8Gバイト内蔵メモリなどの海外版OMNIAの特徴はそのままに、ワンセグやカラーバリエーション、日本語入力環境、そしてWindows Mobile OS搭載のスマートフォンではなく独自OSを採用した“ハイエンドケータイ”として展開する。

 外観は、海外版OMNIAのテイストを引き継ぐ厚さ13ミリの薄型ストレートボディを採用。前面にワイドVGA(480×800ピクセル)の3.3インチ感圧式タッチパネルと発話、クリアキー、終話キーを備え、タッチフィードバック機能付きの大型タッチパネルに指やスタイラスペンで直接触れて操作できる。

 OSは海外版OMNIAで採用したWindows Mobileではなく、ソフトバンクモバイルのケータイ向けサービスに対応するために独自OSを採用。日本オリジナル仕様としてワンセグや絵文字にを搭載し、ブラック、ホワイト、レッドの3色で展開する。

photo カラーは3色展開。ブラック、ホワイト、レッドを用意する

 カメラは515万画素CMOS。顔認識AFや手ブレ補正機能を搭載し、VGAサイズの動画撮影なども行える。8Gバイトの内蔵メモリのほか、microSDHC対応のmicroSDスロットを搭載し、内蔵メモリに最大約40時間分、連続約12時間録画できる業界最長(2008年10月現在)のワンセグ録画時間を実現する。

photophoto 本体側面にカメラキーやワンタッチTVキー、microSDスロットなどを備える。ワンセグ用のロッドアンテナも装備する
「OMNIA 930SC」の主な仕様
機種名 OMNIA 930SC
サイズ(幅×高さ×厚さ) 約58.1×115.2×13ミリ
重さ 約127グラム
連続通話時間 W-CDMA:約250分、GSM:350分
連続待受時間 W-CDMA:約400時間、GSM:約450時間
カメラ メイン:有効515万画素CMOS、顔認識AF、手ブレ補正、サブ:11万画素CMOS
外部メモリ microSD(microSDHC対応)
内蔵メモリ 8Gバイト
メインディスプレイ 約3.3インチ ワイドVGA(480×800ピクセル)タッチパネル液晶
サブディスプレイ
主な機能 ワンセグ、Bluetooth、赤外線通信、世界対応ケータイ、HSDPA、PCサイトブラウザ、3Gお天気アイコン、S!速報ニュース、S!ともだち状況、デコレメール、マイ絵文字、新絵文字、デルモジ表示、着うたフル ほか
ボディカラー ブラック、ホワイト、レッド
発売 2008年11月下旬予定

新機種はいつ発売?と思ったら→「携帯データBOX」
  • 各キャリアの「新機種発売日情報」
  • 未発表の端末情報をお届けする「JATE通過情報」
  • 新機種の売れ筋が分かる「携帯販売ランキング」

携帯データBOXそのほか、各端末情報が一望できる“機種別記事一覧”が新登場〜いますぐパワーアップした携帯データBOXをチェック!
携帯データBOXは、ITmediaモバイルトップページのメニューバー右側からもアクセスできます。


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.