ニュース
» 2008年12月04日 15時48分 UPDATE

ISDB-Tmmの推進に本腰――ドコモら5社、「マルチメディア放送」設立

ドコモら5社が、ISDB-Tmm方式の推進を目的に設立した合同会社を株式会社化。アナログ放送跡地の周波数帯確保に本腰を入れる。

[ITmedia]

 フジテレビジョン、伊藤忠商事、NTTドコモ、スカパーJSAT、ニッポン放送は12月4日、ISDB-Tmm方式を利用した携帯電話向けマルチメディア放送の研究・検討を行う合同会社を株式会社化し、「マルチメディア放送」に組織変更すると発表した。設立は2009年1月9日を予定しており、資本金は1億8000万円。出資比率は各社20%ずつの均等出資となる。

 5社は2006年12月、ISDB-Tmm方式による新たなマルチメディア放送サービスの研究やシステム関連の技術調査、サービスモデルの検討を行うことを目的とした合同会社「マルチメディア放送企画 LLC合同会社」を設立。地上アナログテレビの放送が終了した後の帯域に、同方式を使ったモバイル・マルチメディア放送が割り当てられるよう、その成果をアピールしてきた。

 今回、合同会社が活動期間としていた2年が経過したことから株式会社に移行し、当面は免許取得に向けた各種対応や方式の提案、具体的なサービスの企画を手がけるとしている。

 ISDB-Tmm方式は携帯端末向け次世代マルチメディア放送の規格の1つで、ワンセグとの互換性を保ちながら、蓄積型コンテンツ配信などの新サービスを展開できるのが特徴。同方式については11月7日、ソフトバンクモバイル陣営も支持を表明している。

 携帯端末向け次世代マルチメディア放送については、2011年にアナログテレビが終了することから、各社がその空き周波数帯を利用したサービス展開を目指している。

 放送方式の候補としては、ワンセグと互換性のあるISDB-Tmmと、米Qualcommが開発したMediaFLOの2方式が挙がっており、MediaFLOについてはKDDIを主要株主とするメディアフロージャパン企画が、同技術を使ったサービスの可能性について研究・検討を行っている。

 また、周波数の割り当てや事業者の数、技術方式については、総務省が懇談会を通じて検討を進めている。

携帯業界のトレンドを知りたいと思ったら→+D Mobile「業界動向」へ
  • 各キャリアの発表会リポート
  • 国内外の携帯市場動向
  • 通信業界のキーパーソンインタビュー
  • 携帯事業者別シェア/携帯出荷台数
  • 携帯関連の調査リポート記事

携帯業界のトレンドや今後を把握するのに必要な記事だけを集めたのが“+D Mobile 業界動向”。記事はトピックや連載ごとにアーカイブされ、必要なときにまとめてチェックできます。
今すぐアクセス!


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.