ニュース
» 2008年12月12日 20時54分 UPDATE

携帯販売ランキング(12月1日〜12月7日):携帯冬商戦本格化、新機種同士の争いも激化 (1/4)

各キャリアの冬商戦向け新機種がほぼ出そろい、準備万端で迎える2008年の携帯冬商戦。この新機種同士の争いはさらに激しくなり、毎回順位が入れ替わっている。この状況で最も売れている端末は何か。早速、今回の販売ランキングを見ていこう。

[岩城俊介,ITmedia]
順位キャリア総合
1(1)F-01A(NTTドコモ)
2(4)N-02A(NTTドコモ)
3(6)EXILIMケータイ W63CA(au)
4(3)P-01A(NTTドコモ)
5(2)SH-01A(NTTドコモ)
6(7)N-01A(NTTドコモ)
7(5)P906i(NTTドコモ)
8(12)P706iμ(NTTドコモ)
9(14)N706i(NTTドコモ)
10(9)AQUOSケータイ W64SH(au)
順位NTTドコモau(KDDI)ソフトバンクモバイルイー・モバイル
1(1)F-01A(1)EXILIMケータイ
W63CA
(2)AQUOSケータイ
FULLTOUCH 931SH
(1)D02HW
2(4)N-02A(2)AQUOSケータイ
W64SH
(1)930SH(2)Touch Diamond
(S21HT)
3(3)P-01A(10)Woooケータイ
W63H
(4)iPhone 3G(16Gバイト)(4)D21HW
4(2)SH-01A(4)Woooケータイ
W62H
(3)816SH(3)D11LC
5(6)N-01A(9)W65T(6)821SC(5)D12LC
6(5)P906i(8)W62SH(7)830P(6)H11T
7(9)P706iμ(11)W64S(8)NEW PANTONE
830SH
(8)D02NE
8(10)N706i(5)Cyber-shotケータイ
W61S
(11)GENT 830SH s(10)D21LC
9(12)N706iII(7)W62S(16)かんたん携帯
821T
(7)H11HW
10(7)N906iμ(3)フルチェンケータイ
re
(9)AQUOSケータイ
923SH
(9)D03HW

この記事は、マーケティング会社GfK Japan調べによる全国の家電量販店のPOSデータを集計し、モデル別のランキングで紹介しています。(2008年12月第1週)

上位に新機種、下位に旧機種ときれいに分割──「F-01A」は連続首位を維持

Photo F-01A

 ドコモ端末の販売ランキングは、12月に入りさらに動きが激しくなっている。

 首位は前回と変わらず富士通製の「F-01A」が獲得。連続首位記録を「3」に伸ばした。

 続いて2位にNEC製の「N-02A」(前回4位 登場2週目)、3位にパナソニック モバイルコミュニケーションズ製の「P-01A」、4位にシャープ製の「SH-01A」(前回2位)、5位にNEC製の「N-01A」(前回6位)が入った。

 今回は上位5機種に2008年冬モデルが並び、ぞれぞれキャリア総合でも堅調にランクイン。中でもN-02Aは登場2週目で2位まで上昇してきた。ドコモはこの冬モデルからユーザーのライフスタイル別にシリーズを展開する方法に変更したが、現在は旧90xiシリーズに分類できる機種が上位を占めている。唯一STYLEシリーズでランクインするN-02Aも「N906iμ」(今回10位)の後継機種として、厚さ12.9ミリのスリムボディに520万画素カメラやフルワイドVGAの3.2インチディスプレイ、GPSなどを搭載する。形状やタッチパネル、一部入力デバイス以外はPRIMEシリーズのN-01Aと変わらない高機能モデルとなっている。

 さて、ドコモの2008年冬モデルは発売予定時期から判断できるように2009年になってから発売する機種も多く存在するが、2008年内に発売する機種もまだ控えている。富士通製「F-02A」は12月18日発売、このほかに2008年12月発売予定のものはシャープ製「SH-03A」、LG電子製「L-01A」、LG電子製「PRADA Phone by LGの新色」の4つ。さらに2008年12月から2009年1月の発売を予定する機種は、HTC製「HT-02A」、シャープ製「SH-02A」、パナソニック モバイル製「P-02A」がある。

       1|2|3|4 次のページへ

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.