ニュース
» 2009年01月07日 16時27分 公開

ソフトバンクモバイル、端末修理時のデータ預かり/データ転送を廃止

ソフトバンクモバイルは、店頭で端末を預かって修理する際、従来行っていたデータ預かりとメーカーでのデータ転送を1月7日受付分から廃止すると発表した。修理に出す場合は、ユーザー自身でのバックアップが必要になる。

[平賀洋一,ITmedia]

 ソフトバンクモバイルは1月7日、同社が販売する携帯電話を店頭で預かり修理する際、従来行っていたデータ預かり・メーカーでのデータ転送サービスを同日から廃止すると発表した。

 修理の内容によっては端末を初期化することもあるため、今後預かり修理に出す場合はアドレス帳や送受信したメールデータ、写真、ブックマークなどの端末内データをユーザーがバックアップする必要がある。ソフトバンクモバイルでは廃止の理由について「携帯電話の多機能化にともない、端末では多様なデータを扱うようになった。預かった際にそれらのデータが万が一、消えたり漏れたりするリスクを避けるため」(広報部)としている。

 バックアップの方法は、microSDなどのメモリカードを使う方法や、パケット通信によってソフトバンクが管理するサーバへアドレス帳を保存する「S!電話帳バックアップ」サービス(月額105円)、ユーティリティソフトとUSB接続ケーブルを使ってPCにデータを保存する方法がある。ソフトバンクモバイルでは、故障時にデータのバックアップができない場合もあることから、定期的にバックアップすることを勧めている。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう