レビュー
» 2009年01月19日 23時37分 UPDATE

「Woooケータイ W63H」の“ここ”が知りたい:第3回 フォントはVGA対応? “Visual WVGA”有機ELは見やすい?――「Woooケータイ W63H」

「Woooケータイ W63H」はディスプレイに“Visual WVGA”の有機ELを搭載するのが特徴の1つ。第3回では、このVisual WVGAがどのくらい見やすいのか、また一般的なワイドVGAディスプレイとは何が違うのか、といった点を調べた。

[八百山ゆーすけ,ITmedia]
photophoto 「Woooケータイ W63H」。カラーはガーネットオレンジ、オパールホワイト、サファイヤブラックの3色

質問:有機ELは屋外で見やすいか

 「Woooケータイ W63H」で新たに採用したVisual WVGA有機ELは、屋外でどのくらい見やすいのかという質問が数多く寄せられた。

 晴天の屋外でチェックしたところ、室内よりは見にくいものの、屋外でも直射日光が当たらなければ「全く見えない」ことはなく、実際に使う上で大きな問題はほとんどなかった。とはいえ、直射日光が当たるような状況下ではさすがに見にくく、特に黒っぽい映像だと映り込みが目立ち、せっかくの映像の美しさを損なっているように感じた。

photophoto 晴天下の屋外にて。ディスプレイ照明は自動調節にしてあるため、晴天下ではおおむね明るくなる
photophoto 日中の室内にて。屋外と同じくディスプレイ照明は自動調節。太陽光が当たらないので屋外よりも視認性はよい

質問:Visual WVGA有機ELとワイドVGAディスプレイは何が違うのか

 兄弟機の「EXILIMケータイ W63CA」と同じく、W63Hは“Visual WVGA”の有機ELディスプレイを備える。そもそも“Visual WVGA”有機ELと“ワイドVGA”ディスプレイは何が違うのだろうか。

 ワイドVGAディスプレイは、480×800個あるピクセルの中にRGB(Red/Green/Blue)の3色がサブピクセルとして構成される。一方、Visual WVGAディスプレイは、ピクセル数が240×RGBG×800。これは、1ピクセル内にRGかBGの2色で構成される「Pentile方式」を採用したもの。「(グラフィック機器メーカーの業界団体である)VESA(Video Electronics Standard Association)の測定基準によると、Pentile方式と標準的な方式のWVGAの解像度は差はない(KDDI広報部)」とのこと。

 Visual WVGAの解像度はワイドVGAと同等だが、発色方法が違うため、色味が異なるといえる。なお、純粋なワイドVGAの有機ELは2009年1月現在は存在しない。

photo 通常のWVGAディスプレイ(左)と、Pentile方式を採用したVisual WVGAディスプレイ(右)

質問:フォントはVGA対応か

 W63Hは発表直後からVisual WVGAディスプレイへの関心が高かったようで、特に「フォントがVGA対応なのか」という質問が多く寄せられた。確認したところ、メニューやメールなどのフォントはVGAに対応しているようだ。またPCサイトビューアやドキュメントビューアなども精細な表現ができる。

 ただし、「au one」ポータルなどのEZwebサイトや、LISMO PlayerなどのアプリはVGAフォントに対応しておらず、せっかくのVisual WVGAディスプレイが生かされていない感がある。

photophoto 左がW63H、右がW62Hの待受画面のアップ。ディスプレイがワイドQVGAサイズのW62Hのほうが解像度の粗さが目立つ
photophoto ディスプレイのアップの写真を見たいというリクエストにお応えして
photophoto au oneのトップメニューやLISMO Playerなどのフォントは解像度が低い

質問:BuluetoothはPCでダイヤルアップ接続できる「DUP」に対応する?

 W63Hは月々1万3650円の定額で、PCと接続したデータ通信が利用できる。PCデータ接続には外部接続端子のほか、Bluetoothを介してワイヤレスによるダイヤルアップ接続が可能だ。W63HのBluetoothはVer.2.0+EDR準拠で、ダイヤルアップに使用する「DUN(Dial-Up Networking Profile)」をはじめ、下記のBluetoothプロファイルに対応する。

  • SPP(Serial Port Profile)
  • HFP(Hands-Free Profile)
  • DUN(Dial-Up Networking Profile)
  • BIP(Basic Imaging Profile)
  • OPP(Object Push Profile)
  • AVRCP(Audio/Video Remote Control Profile)
  • A2DP(Advanced Audio Distribution Profile)

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.