ニュース
» 2009年01月21日 21時12分 UPDATE

2008年12月末のフィルタリングサービス利用者は495万人──TCAが発表

TCAは1月20日、携帯電話・PHS事業者各社が提供している「有害サイトアクセス制限サービス」の、2008年12月末時点での利用状況を発表した。利用者は約495万人で、3か月間で約40万人増えた。

[ITmedia]

 TCAは1月20日、携帯電話・PHS事業者がユーザーに無料で提供している「有害サイトアクセス制限サービス」の利用状況を発表した。

 2008年12月末時点での有害サイトアクセス制限サービス利用者数は294万9370件。9月末には454万5810件だったので、約40万件ほど増えたことになる。

 有害サイトアクセス制限サービスは、フィルタリングサービスとも呼ばれる、出会い系サイトなど、子供に見せたくないサイトへのアクセスを制限するサービス。現在では、18歳未満のユーザーに対して、親権者から「不要」との申告がない限り、ブラックリスト方式のフィルタリングサービスを適用する方針が発表されている。

携帯電話・PHS事業者各社のフィルタリングサービス利用者数実績
時期 利用者数
2007年9月末 210万1000
2008年3月末 342万6000(約133万増)
2008年7月末 429万6600(約87万増)
2008年9月末 454万5810(約25万増)
2008年12月末 494万9370(約40万増)
携帯業界のトレンドを知りたいと思ったら→+D Mobile「業界動向」へ
  • 各キャリアの発表会リポート
  • 国内外の携帯市場動向
  • 通信業界のキーパーソンインタビュー
  • 携帯事業者別シェア/携帯出荷台数
  • 携帯関連の調査リポート記事

携帯業界のトレンドや今後を把握するのに必要な記事だけを集めたのが“+D Mobile 業界動向”。記事はトピックや連載ごとにアーカイブされ、必要なときにまとめてチェックできます。
今すぐアクセス!


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.