速報
» 2009年01月27日 21時18分 公開

中国の3G動向を紹介――「電気通信コンテンツ協力シンポジウム」受付開始

[ITmedia]

 日本エンタープライズの100%子会社、因特瑞思(北京)信息科技有限公司は1月23日、北京市通信管理局と北京市通信行業協会が主催する「第4回電気通信コンテンツ協力シンポジウム」を後援し、事務局を務めることを発表した。

 同シンポジウムは、中国携帯電話事業者の3Gライセンス発行後初の開催となるもの。コンテンツ産業発展のモデルと戦略、3Gコンテンツによる新たなサービス提供、通信利用技術における今後のコンテンツ動向などを紹介する。

 シンポジウムは2月20日9時から16時40分まで、北京中苑ホテルで開催される。日本からの一般参加は1300元で、料金には昼食、会議資料、翻訳、接待費などが含まれている。渡航費、宿泊代、保険代などは出席企業の負担となる。当日、通訳が必要な場合は別料金が必要。なお中国現地法人の出席は1人1000元で、昼食、会議資料などが含まれる。

携帯業界のトレンドを知りたいと思ったら→+D Mobile「業界動向」へ
  • 各キャリアの発表会リポート
  • 国内外の携帯市場動向
  • 通信業界のキーパーソンインタビュー
  • 携帯事業者別シェア/携帯出荷台数
  • 携帯関連の調査リポート記事

携帯業界のトレンドや今後を把握するのに必要な記事だけを集めたのが“+D Mobile 業界動向”。記事はトピックや連載ごとにアーカイブされ、必要なときにまとめてチェックできます。
今すぐアクセス!


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう