レビュー
» 2009年05月01日 01時56分 UPDATE

最新ケータイ徹底比較(au 2009年春モデル編):第8回 意外な「あの機種」が健闘――カメラを“素早く”使える機種はどれ? (1/3)

“高性能なカメラ”という点では「Cyber-shotケータイ S001」や「SH001」が優れているのは明白だが、“さくさく使えるカメラ”という点ではどうか。「起動」「保存」「表示」の速度と、ショートカットやオートフォーカス機能を比較した。

[田中聡,ITmedia]
カメラの基本スペック
有効画素数と撮像素子
Premier3 319万画素CMOS
S001 808万画素CMOS
H001 500万画素CMOS
T001 515万画素CMOS
CA001 500万画素CMOS
SH001 800万画素CCD
P001 324万画素CMOS
NS01 197万画素CMOS
NS02 197万画素CMOS
K001 197万画素CMOS

 ケータイカメラはいつでも手軽に撮影できるだけに、いかに素早く使えるかが重要だ。「カメラの起動が遅くてシャッターチャンスを逃してしまった」「画像の保存に時間がかかってたくさん撮れなかった」といった事態はなるべく避けたい。そこで今回は、「カメラの起動速度」「画像の保存速度」「サムネイルの表示速度」をメインに、カメラをどの程度快適に使えるのかを検証。KCP+端末とKCP端末を交えた10機種をテストした。


photophotophoto 左から「Walkman Phone, Premier3」「Cyber-shotケータイ S001」「Woooケータイ H001」のカメラ
photophotophotophoto 左から「フルチェンケータイ T001」「CA001」「SH001」「P001」のカメラ
photophotophoto 左から「ベルトのついたケータイ NS01」「ケースのようなケータイ NS02」「安心ジュニアケータイ K001」のカメラ

起動速度:高性能なカメラ搭載機ほど起動は遅い?

 素早く撮影する上で、カメラの起動速度は見逃せないポイントだ。ケータイは文字どおり常に携帯するものなので、シャッターチャンスを見つけたら、サッと取り出してすぐに撮影したい。

photo

 ではカメラの起動時間はどのくらいが速いといえるのか。ソフトバンクの「EXILIMケータイ 930CA」は、0.99秒でカメラを起動でき、それを(8Mピクセル以上のカメラを搭載したケータイでは)世界最速とうたっている。体感的にも、1秒前後で起動できれば十分速いといえそうだ。

 右記にメインメニューの「カメラ」から起動した速度をグラフでまとめた。

 最速で起動できたのは、約0.9秒の「ベルトのついたケータイ NS01」で、同じ京セラ製の「安心ジュニアケータイ K001」も約1秒と速い。この2機種は旧プラットフォームのKCPを採用する端末で、キーレスポンスが速く、カメラの起動も同様に高速だ。ただし同じKCP端末の「ケースのようなケータイ NS02」は、10機種中最も遅い約3.6秒だったので、プラットフォームではなくカメラ固有の性能差といえそうだ。

 KCP+端末は「フルチェンケータイ T001」の約1.6秒が最速で、次いで約2.2秒の「CA001」、約2.4秒の「Walkman Phone, Premier3(以下Premier3)」と「P001」が速い。8Mクラスのカメラを備える「Cyber-shotケータイ S001」は約3.1秒、「SH001」は約3.5秒で、この中ではやや遅い結果となった。

photophotophotophotophotophoto 左から、Premier3、S001、H001の撮影画面とサブメニューの第1階層
photophotophotophotophotophoto 左から、T001、CA001、SH001の撮影画面とサブメニューの第1階層
photophoto P001の撮影画面とサブメニューの第1階層
photophotophotophotophotophoto 左から、NS01、NS02、K001の撮影画面とサブメニューの第1階層
photophotophotophoto Premier3、S001、CA001、SH001は横画面用のインタフェースを利用できる。H001はディスプレイを横に開いた状態でもアイコンやサブメニューは縦表示のまま

ショートカット:「Premier3」と「S001」はほぼすべてのキーを使える

 カメラ撮影時には、十字キーやサイドキーのほか、ソフトキーやダイヤルキーによるショートカットを利用できる機種も多い。ショートカットを利用すれば、サブメニューを開かずに各種設定ができるので、よく使う設定がショートカットに割り当てられているのなら覚えておきたい。

 Premier3とS001は全ダイヤルキーにショートカットが割り当てられており、[1]キーでセルフタイマーの設定、[5]キーで手ブレ補正の設定、[8]キーで位置情報の付加、[*]キーでホワイトバランスの設定、[#]キーでシーンセレクションの変更ができる。

photophotophotophotophoto 左から、Premier3、S001、H001、T001、CA001の撮影時のショートカット案内の画面
photophotophotophotophoto 左から、SH001、P001、NS01、NS02、K001の撮影時のショートカット案内の画面
       1|2|3 次のページへ

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう